フリーランス

フリーランスの営業はどうする?営業活動が苦手でも高単価の案件を獲得できる方法

フリーランスの営業はどうする?営業活動が苦手でも高単価の案件を獲得できる方法

これからフリーランスとして活躍したいと考えている人は、非常に多いのではないでしょうか。

しかし、フリーランスの誰もがぶち当たる大きな壁があります。

それは営業です。

営業ができなければ当然売上はゼロですから、早い段階で廃業しなければなりません。

そこで今回は、フリーランスの営業方法についてお話ししますので参考にしてみてください。

フリーランスは勝手に仕事は舞い込んでこない

フリーランスって会社員と比べて楽そう、自由そうでいいな、と思ってしまうかもしれません。

しかし、フリーランスはフリーランスで会社員以上に苦労していると思っておくべきと言えます。

なぜなら、フリーランスはすべて自分でやらないといけないからです。

とくに売上に左右される営業は、かなり重要なポイントとなってくるのは間違いありません。

過去にバリバリの営業職として活躍していた人であれば、ある意味飛び込みだろうと電話営業だろうと気にせずに実行できるはずです。

ですが、WebエンジニアなどのIT畑で働いてきた人であれば、営業経験は皆無に等しいため、どうやって新規顧客を増やすのかで苦戦するというわけです。

フリーランスができる営業方法について

営業と言えば、新規飛込や電話営業をイメージしてしまいがちですが、決してそんなハードなものだけではありません。

フリーランスの営業方法はたくさんありますし、やりかたによっては多くの新規顧客を獲得できます。

クラウドソーシング

フリーランスが営業先として気軽に利用できるのが、クラウドソーシングではないでしょうか。

クラウドソーシングとは、仕事を紹介したい人と仕事を探している人を繋げるサイトのことを指します。

ひとつの仕事の募集に対して、複数人の応募があるため競争になりますが、やりかたによっては提案が受け入れられて契約まですすめられます。

クラウドソーシングは、逆に提案内容が悪ければ他の人が採用されるというデメリットがあります。

ブログやSNSの活用

自分自身で発信して仕事の獲得をする方法があります。

それが、ブログやSNSの活用です。

ブログは開設から運用までそこまで費用はかかりませんし、SNSに関して言えば1円もかからないため、営業方法として選んでいるフリーランスが多いのも事実です。

しかし、ブログは検索順位をあげるためのSEOを考慮しなければならないため、結果がでるまでに長い時間を要するというデメリットがあります。

また、SNSはフォロワーが多くインフルエンサーくらいの人気がない限り、アクションに期待できないのがしんどいところです。

セミナーや交流会で人脈作りをする

ブログやSNSの場合は、ある意味お互いの顔が見えないため、契約までの距離が遠い傾向にあります。

でしたら、お互いの顔が見えるセミナーや交流会に参加すれば、早い段階で仕事の獲得が期待できます。

どんなセミナーでも交流会でも構いません。

まずは、営業をするというよりかは、たくさんの人と交流をして人脈を作ることを優先するべきです。

ですが、セミナーや交流会は費用がかかりますし、それだけの時間を使わなければなりまません。

エージェントの利用

みなさんは、フリーランス専用のエージェントがある、ということをご存知でしたでしょうか。

正直なところ、クラウドソーシングやブログ、SNSなどを活用しても、確実に仕事が得られるわけではありません。

そこで大いに役立つものが、フリーランス専用のエージェントです。

エージェントを利用することで、仕事を紹介してくれることはもちろん、経理関係もサポートしてくれるという特徴があります。

しかも、それらすべてが無料で利用できるため、フリーランスになりたい人からすれば確実にチェックしておくべきサービスと言えます。

フリーランスが営業力を高めるためにやるべき3つのポイント

では、フリーランスが営業力を高めるためには何をするべきなのでしょうか。

過去の作品をまとめる

フリーランスで勝ち抜くためには、まず自分の過去の作品をまとめることからはじめるべきです。

なぜなら、提案時に過去の作品を見たいというクライアントが多いからです。

そのときに瞬時に提出できるような体制を整えておくだけで、クライアントから高評価を得られる可能性があります。

たくさんのフリーランスがひとつの仕事に応募している可能性があるため、スピーディーさが求められます。

自己分析を行う

どんなことでもそうですが、他者を押しのけて勝ち残るためには自己分析が必要不可欠です。

なぜなら、自己分析ができていないと何が得意で何が不得意なのかが分からないからです。

もしクライアントから、どういう仕事ができるのかを聞かれたときに瞬時に答えられないといけません。

コミュニケーション力を高める

フリーランスで営業力を高めるためには、コミュニケーション力を高める必要があります。

コミュニケーションができないと、適切な提案ができません。

極端な話かもしれませんが、自分に実績がなかったとしてもコミュニケーション力が優れていれば仕事をもらえる可能性があります。

コミュニケーションと言うと難しく聞こえてしまいますが、営業マンが使うようなテクニックは必要はありません。

むしろ、真摯でなおかつ丁寧な対応を意識すれば、クライアントが気に入ってくれます。

また、インターネット内でのやり取りがメインであれば、メールの返信を早くしたり、相手を気遣えるような内容にしたりすることも重要です。

フリーランスの営業先を獲得してくれるエージェント

フリーランスにかわって営業をしてくれるエージェントはたくさんありますが、そのなかでもおすすめなところだけを紹介します。

レバテッククリエイター

レバテッククリエイターは、15年以上Webやゲーム業界に特化してきたフリーランス専門のエージェントです。

レバテッククリエイターにお願いをすると、営業代行はもちろん難しい税務関係も徹底的にサポートしてくれます。

しかも、これらすべてのサービスが無料で利用できるため、フリーランスとして活躍されたいのであれば、絶対にはずせないエージェントです。


レバテックフリーランス

フリーランスの登録者数、認知度がNo.1のエージェントと言えば、レバテックフリーランスではないでしょうか。

レバテックフリーランスを利用しているユーザーの平均年収が862万円と、かなり高額なため、安定した仕事を継続的に欲しいとお考えであればおすすめのエージェントと言えます。


テックビズフリーランス

ITフリーランスに寄り添ってくれるのが、テックビズです。

テックビズフリーランスでは、案件決定率が90%以上と高い割合で仕事が決まるという特徴があります。

また、フリーランスにとってはわずらわしい記帳や確定申告代行を無料で対応してくれます。

営業も経理関係も無料でお願いしたい、とお考えであればテックビズフリーランスがおすすめです。

フリーランスの営業のまとめ

フリーランスがもっとも苦戦するのが営業のやりかたです。

ですが、フリーランスの営業や経理関係は、エージェントが代行してくれるため安心して活動できます。

  • フリーランスの営業はエージェントが対応してくれる
  • 過去の作品をまとめ、自己分析を行うことでよりベストな仕事が獲得できる

みなさんも、これからフリーランスとしてやっていくのであれば、無料で利用できるエージェントを大いに活用してみてはいかがでしょうか。

フリーランスエージェントおすすめ2選

ITプロパートナーズ … 「週2~3日」「リモート」など魅力的な案件多数。単価も高いので少ない稼働日数でも十分な固定収入を確保。
安心して自分のビジネス収入の柱づくりにも注力できる。セミリタイア生活におすすめのエージェントNo.1!

Midworks(ミッドワークス) … 「フリーランス」と「正社員」の良いとこ取りをした働き方を実現!保障・保険・費用補助・福利厚生が充実。
他のエージェントに類を見ない、安心して独立できる保障の手厚さが特長。週3~5日の常駐案件メイン。

  • この記事を書いた人
ナノ経営研究会

ナノ経営研究会

働く時間を減らしながら豊かになる一人経営マガジン『ナノ経営®』

創業10年。Webコンサルタント。
一人社長セミリタイアコンサルタント®。
ナノインスパイア株式会社 代表取締役。

ビジネス収入や資産収入の柱を構築しながら自由と余裕を手に入れ、自分の人生を100%楽しむ一人経営の知識・情報・考え方などを発信します。

お金・時間・心の余裕に溢れ、いつもワクワク生き生きと輝くセミリタイア一人社長を増やします。

一人でも多くの人とともにより良くなっていけるよう、お互いに成長していけるよう、微力ながら執筆していきます。

24歳 Web制作・コンサル起業 ▶︎ 25歳 株式会社設立 ▶︎ 29歳 5年連続年商アップ、最高年商なのに判断を誤り初の大赤字、しかも多忙すぎて挫折 ▶︎ 事業再生専門・公認会計士の先生の門下生となる ▶︎ 経営・戦略・ビジネスモデル・会計・マーケティング・問題解決などを原理・原則から学び修業 ▶︎ 31歳(2019年) 独自の経営改善により、働く時間は半分以下に↓↓、手元に残るキャッシュは大幅アップ↑↑

-フリーランス