Webフリーランス

生活できないフリーランスのお悩み解決。豊かに生活できるフリーランスになるための5つのポイント

生活できないフリーランスのお悩み解決。豊かに生活できるフリーランスになるための5つのポイント

フリーランスってやっぱり大変で生活できないの?
生活が厳しいジリ貧フリーランスにはなりたくないな…

自営業Bさん

確かに、すべてのフリーランスが、生活ができるほどうまくやっているわけではありません。
なかには、フリーランスになったものの生活ができずに諦めざるをえない方も実際にいます。

では、なぜフリーランスになって生活ができる人とできない人に差が生まれてしまうのでしょうか。

今回は、豊かに生活できるフリーランスになるためのポイントについてお話しします。参考にしてみてください。

ナノ経営

安定収入が得られる案件を紹介してくれるエージェントを活用しつつ、他のビジネス収入の柱を育てていきましょう。
サイト運営やコンサルティング業など、「元手が要らない」「毎月の継続収入が見込める」ビジネスがおすすめ。
それにより、安定・自由・高収入を実現していくことができます。

フリーランス案件エージェントおすすめ2選

Midworks(ミッドワークス) … 「フリーランス」と「正社員」の良いとこ取りをした働き方を実現!安心して独立できる手厚い保障が特徴

Crowdtech(クラウドテック) … クラウドソーシングサービスで日本最大・業界No.1のクラウドワークスが運営!在宅可のリモート案件数も業界トップクラス

フリーランスは生活できないと言われている理由

フリーランスが生活できないと言われている理由はたくさんあります。

常に仕事があるわけではない

まず、フリーランスは会社員と違って常に仕事があるわけではありません。

当然、営業をサボれば仕事そのものが舞い込んでこないため、あっという間に赤字に転落してしまいます。

会社員では、病気をしようが休もうが他の誰かが仕事や営業をしてくれるため給料は下がりませんが、フリーランスは常に不安定との戦いでもあります。

フリーランスの単価が低い

フリーランスは会社員に比べて信用性がないですし、フリーランスの人口そのものが多いため、単価が低い傾向にあります。

仕事がもらえたとしても、工数と単価に割りが合わないものばかりですと生活できなくなってしまいます。

仕事のスキル以外でも必要なことが多い

たとえば、自分がWebデザイナーだった場合、仕事はデザイン関係を中心に対応できるはずです。

しかし、フリーランスは決して得意な仕事だけをできるわけではありません。

たとえば、新規営業や経理などが該当します。
営業も経理も専門職があるくらい難易度が高い仕事ですが、フリーランスになればどちらも自分でこなさなければなりません。

いずれは貯金が底をつきてしまいリタイア

フリーランスは、仕事がなければ今ある貯金で食べていかなければなりません。

貯金の額が心もとないと、あっという間にフリーランスとして失敗するというわけです。

満足のいく仕事が継続して獲得できて、はじめてフリーランスとして安心できるのではないでしょうか。

常にスキルアップをしなければならない

Web業界は、どのジャンルも常に進化し続けています。

ですが、面倒だからと言って新しい技術を習得せずに古いことしかしていないと、取り残されてしまう可能性があります。

フリーランスはやることが多岐にわたりますが、それ以上に日々の勉強も欠かせません。

フリーランスが生活できるためにやるべきこと

では、フリーランスが生活できるようにするためには、どうすればいいのでしょうか。

何が提供できるのかを考える

まずは、自分が何をクライアントに提供できるのかを考えるべきです。

フリーランスと名乗る人たちは、数えきれないほど存在しています。

そのたくさんのフリーランスのなかから、クライアントは1人を選ばなければなりません。

それなのに、自分は何ができるのか何が提供できるのかを理解していないと、永久に仕事がもらえることはありません。

また仮に自分がデザイナーだったとしても、他のフリーランスとの違いを明確にしておくことで、受注に繋がりやすくなります。

たとえばデザインだけではなく、HTMLやCSSが理解できたり、SEOなどの知識があったりすればクライアント側としてもメリットを感じられることでしょう。

スキルアップには時間をおしまない

仕事をしないと売上は確保できませんが、それ以上にスキルアップをしていかなければ仕事そのものがなくなる可能性があります。

とくに、進化のスピードがすさまじいWeb業界であればなおさらです。

仕事が忙しいから、勉強が面倒だからといってそのままにしてしまうと、クライアントからの要求に答えられなくなってしまいます。

ですから、可能な限りスキルアップには時間を惜しまないようにするべきと言えます。

どんなときでも営業努力はする

フリーランスで生活ができない理由に、営業をしていないことがあげられます。

当たり前ですが、無名なフリーランスが勝手に仕事が舞い込んでくるほど世の中甘くはありません。

どんなに売れているフリーランスでも、最初のころは死ぬ気でたくさん営業をしていたはずです。

結果的に、何社かのクライアントから受注があり評判となり、周りに広まっていくわけです。

自分は営業が苦手だからやらない、という考えですと、近いうちに生活ができなくなってしまうのは目に見えているため、しんどくても営業はしましょう。

経費削減を徹底する

フリーランスになると、業務に関連するものはすべて自費となります。

移動する交通費もですし、ペン1本の消耗品も当然自腹です。

フリーランスになったからといって、いきなりたくさんの物を買いすぎてしまうと資金がすぐに底をついてしまいます。

必要なものは買うべきですが、後回しにしていいものは置いときましょう。

また、運転資金や生活資金のことを考えてある程度のお金は持っておくべきと言えます。

仮に10万円しか貯金がないのにフリーランスになってしまうと、1ヵ月目で終了になってしまう可能性があります。

エージェントを利用する

フリーランスで生活をするためには、絶対にエージェントを活用しましょう。

エージェントとは、フリーランスの助け舟となってくれる無料のサービスのことを指します。

ジャンルは違いますが、ハローワークや転職エージェントのようなものと考えていただければ分かりやすいはずです。

フリーランス専門のエージェントは、無料で利用できるのに、営業代行や経理サポートなどありとあらゆることをサポートしてくれます。

フリーランスで生活のことが心配であれば、事前に登録しておくと安心ではないでしょうか。

フリーランスの「生活ができない」を助けてくれるエージェント

フリーランスがひとりで営業をすると失敗する可能性が高いため、「生活できない」「営業ができない」「仕事がない」という状態からの脱却を助けてくれるエージェントに頼るべきです。

そこで、おすすめのエージェントを厳選しました。

(Webエンジニア・WebデザイナーなどWeb系のフリーランスでない方は、こちら

フリーランス案件エージェントおすすめ2選

Midworks(ミッドワークス) … 「フリーランス」と「正社員」の良いとこ取りをした働き方を実現!安心して独立できる手厚い保障が特徴

Crowdtech(クラウドテック) … クラウドソーシングサービスで日本最大・業界No.1のクラウドワークスが運営!在宅可のリモート案件数も業界トップクラス

エージェントごとに強い(数が多い)案件の傾向や、エージェントの担当者さんとの相性などもあります。
そのため、2社くらいは無料登録して、案件紹介の面談を申し込んでみると良いと思います。

個人的な意見ですが、エージェント選びのポイントは、

エージェント選びのポイント

  • 収入の安定性・安心の保障
    (このためにこそ、エージェントを利用する。登録も案件紹介も面談も無料なので、利用しない理由がない。)
  • 在宅可のリモート案件
    (最初は常駐でも、信頼関係ができてきてからリモートワーク移行可能な案件もある。)

です。

在宅稼働で月数十万円の安定収入を確保し、その上で、稼働日以外の日にある程度時間を確保して、営業・マーケティングの種まき活動を積み重ねていくことが大切です。

それによって、直案件を獲得したり、自分のビジネス収入の柱を構築していくことで、1時間あたりの稼ぎも大きくなり、月商100万円・年商1,200万円を越えながらも、働く時間を減らしていくことができます。

「フリーランスは意外と不自由」「フリーランスの平均年収は数百万円程度」などとも言われますが、やり方次第で、自由も高い年収も実現できます

ナノ経営

ぜひ、お金の余裕・時間の余裕・心の余裕のあるフリーランス・自営業者になりましょう。

ちなみに、Webエンジニア・WebデザイナーなどWeb系のフリーランスでない方は、上記エージェントの利用という手段が使えません。
しかし業界によっては、やはりエージェントやマッチングサービスがある場合があります。念のため調べてみてください。

また、今後を見据えて、仕事を獲得しやすくお金が稼げるフリーランスになろうと考えている方は、プログラマー・エンジニアなどWeb系のフリーランスになることがおすすめです。

Web系フリーランスおすすめ理由

  • 需要が多い
    (今後も長期的に需要が見込める)
  • エージェント案件の時給が比較的高い
    (時給3,000円~5,000円、高い人は時給1万円近く)
  • 学べるスクールや教材が豊富
    (取っ掛かりとしてスクールがおすすめ。その後は日々独学でスキルを継続的にアップデート)

Web系フリーランスおすすめスクール

私が1年以上お世話になり、独立・起業するための必要最低限のスキルを身につけられたスクールは【インターネット・アカデミー】です。

Webデザイナーコース

プログラマーコース

私はフルタイムで働きながら、休日等を利用してインターネット・アカデミーさんに通いました。
そしてスクール修了後、すぐに自分で仕事を受注し、24歳で独立・起業しました。

将来的に、フリーランスとして時給5,000円以上の案件を獲得したい方は、プログラミング系のコースが良いです。
エージェントや案件によりますが、Webデザイナーとしてのフリーランス案件は、時給3,000円前後です。

コース一覧はこちら

フリーランスの「生活ができない」対策まとめ

フリーランスになるとすべてが自己責任となるため、仕事がないと生活できなくなるのは当然ことと言えます。

しかし、最初からうまくやっていけばフリーランスとして生活できるようになりますし、将来的に人を雇う余裕もでてきます。

  • スキルアップや営業はどんなときでも実行する
  • フリーランスで生活をするためにはエージェントを活用する

みなさんもぜひ、エージェントを活用して生活を軌道に乗せてみてはいかがでしょうか。

フリーランス案件エージェントおすすめ2選

Midworks(ミッドワークス) … 「フリーランス」と「正社員」の良いとこ取りをした働き方を実現!安心して独立できる手厚い保障が特徴

Crowdtech(クラウドテック) … クラウドソーシングサービスで日本最大・業界No.1のクラウドワークスが運営!在宅可のリモート案件数も業界トップクラス

【収入を最大に、リスクを最小に】フリーランスと正社員の良いとこ取りを実現

   
  • この記事を書いた人
アバター

ナノ経営 編集部

「必要最小規模・最少稼働時間で、十分な収入を得てしっかりお金を残す、地味で小規模でも十分な余裕のある会社経営」

自分が忙しく稼働する個人事業というよりも、ビジネスオーナーに少し近い過ごし方・生き方を目指し、お金・時間・心の余裕を保ち続ける経営スタイル。

これがナノ経営です。

利益倍増しながら、週2~3日だけ働く「小さい規模でも余裕の会社」を経営し、お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れましょう。

ナノ経営 編集部は、余裕のある経営・余裕のある生き方を目指す一人社長・個人起業家・フリーランスを応援しています。

-Webフリーランス