SEO

Lazy Load by WP Rocketの使い方・設定方法

Lazy Load by WP Rocketの使い方・設定方法

ページスピードインサイトで「オフスクリーン画像の遅延読み込み」を改善するよう指摘されていませんか?

ページスピードインサイトの「改善できる項目」欄に、「オフスクリーンの非表示の画像は、クリティカルなリソースをすべて読み込んだ後に遅れて読み込むようにして、インタラクティブになるまでの時間を短縮することをご検討ください。」と記載されていますが、これだとわかりにくいですよね。

この記事では、プラグイン「Lazy Load by WP Rocket」を活用して、すぐに読み込む必要のない画像の読み込みを遅らせてページスピードを高速化する方法をご紹介いたします。

手順通りにプラグインのインストール・有効化、設定を行っていただくことで、概ね改善することができます。

ページスピードを改善し、離脱率改善やSEOの効果向上につなげていきましょう。

(※作業の前には、BackWPupなどで必ず一式バックアップをお取りください。)

Lazy Load by WP Rocketをインストール・有効化する

まずは、Lazy Load by WP Rocketをインストール・有効化しましょう。

WordPress管理画面メニュー「プラグイン」→「新規追加」→「Lazy Load by WP Rocket」を検索→「今すぐインストール」→「有効化」をクリックします。

Lazy Load by WP Rocketをインストール・有効化する

Lazy Load by WP Rocketを設定する

WordPress管理画面メニュー「設定」→「LazyLoad」と進み、Lazy Load by WP Rocketの設定画面を開きます。

  • Images
  • Iframes & Videos

にチェックを入れて、「SAVE CHANGES」をクリックしましょう。

Lazy Load by WP Rocketを設定する

基本的に「Replace Youtube videos by thumbnail」はチェックご不要です。

まとめ

以上でLazy Load by WP Rocketの設定は完了です。

ページスピードインサイトでスコアの変化を確認してみましょう。

その他のページスピード改善方法については、以下の記事をご参照ください。

ページスピード高速化に関する記事一覧

フリーランス案件エージェントおすすめ2選

Midworks(ミッドワークス) … 「フリーランス」と「正社員」の良いとこ取りをした働き方を実現!安心して独立できる手厚い保障が特徴

Crowdtech(クラウドテック) … クラウドソーシングサービスで日本最大・業界No.1のクラウドワークスが運営!在宅可のリモート案件数も業界トップクラス

【収入を最大に、リスクを最小に】フリーランスと正社員の良いとこ取りを実現

   
  • この記事を書いた人
しゅんのすけ

しゅんのすけ

創業9年半。Web集客コンサルタント。
セミリタイアしたい一人社長・フリーランス専門の経営コーチ。

お金・時間・心の余裕に溢れ、一瞬一瞬、ワクワク生き生きと人生を楽しむ人を増やします。
一人でも多くの人とともにより良くなっていけるよう、お互いに成長していけるよう、微力ながら執筆していきます。

24歳 起業 ▶︎ 25歳 株式会社設立 ▶︎ 29歳 最高年商なのに初の大赤字 ▶︎ 事業再生専門・公認会計士の先生の門下生となる ▶︎ 経営・会計・戦略・マーケティング・問題解決などを原理原則から学び修業 ▶︎ 31歳 独自の経営改善により、働く時間は半分以下に↓↓、手元に残るキャッシュは大幅アップ↑↑ ▶︎ 現在 週休4~5日のセミリタイア生活。

-SEO