動画編集フリーランス

動画編集・映像制作フリーランス年収の目安

動画編集・映像制作フリーランス年収の目安

「今需要が高い動画編集の仕事に興味がある」

「フリーランスとして動画編集の仕事がしたいけど、どうしたらなれる?」

「動画編集の仕事の年収が気になる!」

動画編集の仕事に興味があって、現在このように思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、フリーランスの動画編集の仕事はどのように獲得するのか?年収はどのくらいなのかという点を詳しくご紹介していきます!

今まさに動画編集の仕事に興味があるという方は、ぜひ記事でご紹介する内容を参考にしてください。

フリーランスの動画編集の年収は?

まずは結論からお伝えしますが、フリーランスの動画編集の年収の相場は「300万円~1,000万円」の間です。

「こんなに幅広いの!?」

と思われる方も多いかもしれませんね。

ひと言で動画編集といっても、その仕事は多岐に渡ります。

そのため、本人のスキルやどこに営業をしていくか、という点で年収はガラリと変わります。

逆をいえば、スキルがあり、自分の動画編集力が発揮できるところに営業をかけることで、収入アップに繋げることは十分可能です。

「フリーランスとして今後動画編集の仕事をしたい」と考えている方は、「どんなスキルが必要なんだろう?」「どこへ営業すれば仕事が貰えるのだろう?」と思うことが多いかと思います。

こちらを見誤ると、結果的に「稼げないフリーランス」になる可能性があるので、計画的にスキルアップ、営業活動をしていくことが大切です。

ちなみに、YouTubeの動画編集の仕事なら、時給換算で1,000円~1,500円ほど。

アルバイトや派遣として活動するなら時給は900円~1,200円が相場といえます。

まったくの未経験、初心者という方は、先にアルバイトや派遣で動画編集の仕事を探してみたり、ある程度のスキルを身につけてクラウドソーシングサービスで副業として仕事を受注するのもおすすめです。

クラウドソーシングサイトは、使い方によっては本業として活用することも十分できるので、まずはこちらで経験、実績を積めば着実にスキルアップできるでしょう。

クラウドソーシングサイトは、未経験者でも仕事が受注しやすいので動画編集の仕事の入口としてもおすすめです。

動画や映像クリエイターの年収はどのくらい?

一般企業に勤める動画・映像クリエイターの平均年収は「300万円~400万円」程度のようです。

大手のテレビ局や映像制作会社、広告代理店などに就職できれば、給与や年収はもっと高くなるようです。

また、その職でキャリアを積めば、年収「700万円~1,000万円」くらいのようです。

現在業種で働いていて年収が300万円~400万円という方は、一般企業の動画編集の仕事を目指して転職しても、年収はさほど変わらないので、思い切って転職を目指し、その職場で経験を積むのもおすすめです。

未経験の状態から大手のテレビ局などへの就職は難しいので、もし転職するなら一般企業に狙いを絞って戦略を立てながら取り組んだ方が就職できる可能性は高いでしょう。

YouTubeの動画編集の年収はどのくらい?

YouTubeの動画編集で稼ぐ方法は2パターンあります。

1つ目は、誰かのYouTubeチャンネルの動画編集を代行して行い、それに対する報酬を得るという方法。

2つ目は、自分でYouTubeチャンネルを運営し、動画編集を行いながら報酬を得るというものです。

動画編集を代行するパターンの稼ぎ方だと、大体時給1,000円~1,500円程度。

出来高制の場合は1本当たり3,000円~5,000円となります。

現在YouTubeの需要はかなり高くなっているので、未経験、初心者という方はYouTubeの動画編集の仕事から始めて経験を積むのもおすすめです。

派遣やアルバイトでも仕事がありますし、大体3ヶ月くらいで動画編集に必要な技術を身につけることもできます。

今後フリーランスとしての活動も視野に入れているなら、自分でYouTubeチャンネルを運営していくというのもひとつの方法です。

YouTubeチャンネルの開設で得られる収入としては「広告収入」が挙げられます。

広告収入を得るための条件をクリアするまでは努力が必要ですが、それさえ達成できれば報酬が得られやすいですし、自分の動画編集の仕事に紹介をすれば宣伝、集客にも繋がりますよ。

未経験・初心者の動画クリエイターはスキルアップが必須

「いずれはフリーランスの動画クリエイターになりたいけど、スキルに自信がない…」

こんな風に思っている方は、今日からスキルを磨いていきましょう!

現在、YouTubeがGoogleに次ぐ検索エンジンとなっていることからも、動画コンテンツは今後より需要が高まるといわれています。

CGやアニメーション技術をはじめ、ソフトの使い方などの基本的なところもしっかり抑えてスキルを磨きつつ、自分の得意分野を伸ばしていきましょう。

動画制作のスキルはYouTubeなどの無料コンテンツで学ぶこともできますし、スキルアップのオンラインコースが豊富にあるUdemyを活用すれば、最先端のスキルを学ぶこともできますよ。

動画編集のスキルアップにおすすめなのは、以下のような大手スクールのオンライン講座です。

動画編集・映像制作オンライン講座おすすめ2選

Udemy(ユーデミー) … 学べるコースが豊富で、手頃な価格。好きな時に勉強できる「映像制作コース」

デジハリ・オンラインスクール … 半年後、仕事が取れる動画クリエイターになるための「動画クリエイター講座」

将来的にフリーランスとして動画編集の仕事がしたい方へ

今後フリーランスとして動画編集の仕事をしたいという方は、主に2つのやり方があります。

1つ目は、1~2年ほど映像制作会社に就職し、ノウハウを得てからフリーランスとして独立するという方法。

2つ目は、別の職種で働きつつ、クラウドソーシングサイトなどを利用して副業で動画編集を学び、独立を目指す方法です。

現在の仕事が動画編集とは全くジャンルが異なるものでも、現在はオンライン講座も豊富にあり、クラウドソーシングサイトを活用すれば副業でも本格的な業務に携わることは十分可能なので、ぜひ、自分の考えに合った方法を選んでみてください。

いきなりフリーランスになるのは集客もできず、収入に繋げるのも難しいので、映像制作会社に就職するか、副業から少しずつ初めて経験を積んでいくのがおすすめです。

TwitterなどのSNSで自分の仕事の紹介をしたり、早い段階からHPを作るなどして、コンテンツを充実させ、フリーランスとして独立した後も集客しやすいような仕組みを作っていきましょう。

フリーランスとして独立したばかりの時は年収も低いかもしれませんが、営業や仕事、事務作業などすべてを自分で担うからこそ得られる達成感はかなり大きいです。

また、フリーランスは働く時間も、どんな動画編集の仕事をするかも自由!

軌道に乗れば得られるメリットも大きいので、ぜひスキルアップしながらフリーランスとしての理想の働き方を実現していきましょう!

まとめ

仕事にする以上、収入や年収も大事なポイントですが、動画編集の仕事はやりがいも大きいのが魅力です。

現在まったくの初心者で経験もないという方は、オンライン講座などで基本的なスキルを学びつつ、映像制作会社やアルバイトなどで経験を積んでいきましょう。

また、動画編集の仕事はソフトを使いこなせるかどうかも大事なポイント!

動画編集用のソフトは多く提供されているので、特徴などを踏まえながら自分に合ったものを選び、操作に慣れていきましょう。

YouTubeやオンライン講座などを駆使すれば、スキマ時間でも学ぶことは十分可能です。

動画編集の仕事に興味があって、いずれフリーランスとして独立したいなら、ぜひ今日から夢に向かって取り組んでみてくださいね。

動画編集・映像制作オンライン講座おすすめ2選

Udemy(ユーデミー) … 学べるコースが豊富で、手頃な価格。好きな時に勉強できる「映像制作コース」

デジハリ・オンラインスクール … 半年後、仕事が取れる動画クリエイターになるための「動画クリエイター講座」

フリーランス案件エージェントおすすめ2選

Midworks(ミッドワークス) … 「フリーランス」と「正社員」の良いとこ取りをした働き方を実現!安心して独立できる手厚い保障が特徴

Crowdtech(クラウドテック) … クラウドソーシングサービスで日本最大・業界No.1のクラウドワークスが運営!在宅可のリモート案件数も業界トップクラス

【収入を最大に、リスクを最小に】フリーランスと正社員の良いとこ取りを実現

   
  • この記事を書いた人
アバター

ナノ経営 編集部

「必要最小規模・最少稼働時間で、十分な収入を得てしっかりお金を残す、地味で小規模でも十分な余裕のある会社経営」

自分が忙しく稼働する個人事業というよりも、ビジネスオーナーに少し近い過ごし方・生き方を目指し、お金・時間・心の余裕を保ち続ける経営スタイル。

これがナノ経営です。

利益倍増しながら、週2~3日だけ働く「小さい規模でも余裕の会社」を経営し、お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れましょう。

ナノ経営 編集部は、余裕のある経営・余裕のある生き方を目指す一人社長・個人起業家・フリーランスを応援しています。

-動画編集フリーランス