独自ドメインのSEO効果で超えられない壁を乗り越える

  • 2017年8月24日
  • 2021年6月30日
  • SEO集客

独自ドメインはSEO効果を発揮する事ができます。

これは独自ドメインはSEOに強く、自身で育て検索エンジンからのアクセスを多く拾うことができますが、そのためには内部対策はもちろん外部対策を覚えておくのもいいでしょう。

独自ドメインを取得した時はSEO効果はないので記事数を増やしてサイト全体にSEO効果をだすしかありませんが、この記事数を増やすというのは多ければ多いほど上位に表示されやすくなります。

なぜ記事数を増やせば上位に表示されやすくなるのでしょうか?それは検索エンジンは情報量の多いサイトは「訪問者に役に立つ情報があるから」1ページ目にもってこさせようと考え、記事数が多い=サイト運営歴も長くなるからです。

このサイト運営歴もSEOに関係しており、1年も継続いればドメインパワーが強くなりますが、もし独自ドメイン取得後、すぐに上位表示されるようなら「そのテーマに詳しいのかわからないのに上位表示されたり詐欺サイトが1ページ目に表示される」等の事態がおこってしまいます。

 

独自ドメインを育てて検索キーワード1位を目指すために

狙ったキーワードで1位を狙うなら、すべてはSEO効果の高いサイトにする事ができるか?訪問者が必要としてる事を情報発信で悩みを解決できるか?が大事です。

そのためには他のサイトと同じ情報を発信すると、訪問者は自身が知ってる情報しか載ってないと判断しページを閉じてしまいます。

目指してるのが上位表示なら、ページを閉じる事は問題ないと思いがちですが、訪れて他サイトと情報が似てるからページを閉じる行為はページビューや直帰率も悪くなるのです。

最初に話しました、外部対策でナチュラルリンクがありますが、これを獲得するなら一人の訪問者に同じページやサイト内をくまなく見てもらう必要があります。

そのためには文字数を多くして、読まれる文章を意識しますが、適度にSEO効果を高めたいキーワードを入れるのもいいでしょう。

文字数を多くしてキーワードを散りばめるのは、基本的なSEO対策ですが、もちろん独自ドメインにも必要な事で文字数とSEOの関係を良くする初心者なら知りたい11のコツを参考にするのもいいでしょう。

そうした、訪問者に価値の高い情報を提供しながら記事を増やす事はサイト運営歴であるドメインパワーも良くなり、ナチュラルリンクである被リンクもつきます。

年数は多いほどいいのですが、最終的には記事数の多さとナチュラルリンク獲得で上位表示されるか変わってきます。

また独自ドメインは無料ブログと違い、CMSでサイト作成できますので、サイトマップ送信や設置、プラグインでページ毎のサイト説明文も自由に決めれるため、SEOに強いサイトを作る事ができます。

他にスマホカスタマイズもできるので売上げアップを目的とするなら是非、独自ドメインは利用しましょう。

無料ブログの場合、トップページは記事一覧が表示されてる場合が多く、本来であればスマホのトップページはSEOに強くしてサイト名で順位を上げたほうが好ましいです。

検索エンジンは「どんな情報を発信しているか」サイト名で判断します。

これはトップページにも記載されてる情報が訪問者にとって有益と判断しているため、サイト名と同じキーワードや関連するキーワードを入れたほうが、より上位表示されやすいという事です。

そのため独自ドメインでオリジナリティー溢れるサイトにした方が、訪問者も好んでくれます。

そして無料ブログはライバルの少ないテーマなら簡単に上位表示できますが、そこそこライバルがいるテーマだと簡単に検索結果の1ページ目に表示させる事はできません。

これは、あらかじめドメインが決まっていて検索結果では、同じドメインが複数表示される事はなく、独自ドメインは世の中に1つしかないのです。

ドメイン自体のSEO効果はゼロですが、一度SEOに強いサイトにできれば、記事投稿するたびに上位表示を狙える確立が高くなります。

そのためには検索上位へ。最高のSEO対策を実践し輝き続けるサイトにするページタイトルはSEOを意識して1万人のユーザーに伝えようを知って戦略的にアクセスを拾うのが大事です。

 

ドメインパワーを強くするまで記事をとにかく増やす

独自ドメインはSEOを育てるのが大事ですから記事を増やしますが、サイトテーマに関連するキーワードで上位表示を狙いながらSEO効果を高めます。

ドメインパワーとサイト全体のSEO効果もアップさせるには50~100程の記事数が必要ですが、記事数が多ければ内部対策を施すだけで1ページ目には表示されるでしょう。

ここで、むやみに記事数を増やせばいいというワケではなく、SEO対策で上位表示される事も、訪問者が検索して訪れるキーワードに対して悩みを解決させてあげる必要があります。

悩みを解決するという事では独自ドメインでも無料ブログでも同じ事です。

さらには独自ドメインの他にはないデザインで作成する記事文章や人柄、さらにはCSSでユニークなコンテンツを作る事ができます。

そういった、どこにもないサイトは訪問者を惹きつけファンとなってくれSNS拡散やブログ等で紹介してくれる可能性があり、サイトにアクセスを増やす方法、SEOを勉強してきて思う事。は独自ドメインのSEO効果をさらに強くする事ができます。

 

SEOで超えられない壁を乗り越えるには

検索エンジンで上位表示させるにはSEO効果が大事ですから、最初に独自ドメインでサイト作成し、基本的なSEO対策を施し検索エンジンクローラーに、サイト情報を伝え訪問者に訪れてもらう必要があります。

この時、訪問者がページ情報を見て今まで知らなかった情報が満載されているか?他では得られない知識を得る事ができたか?を見ています。

よりSEO効果の高いページにするなら、質の良い情報を提供する事です。

独自ドメインはドメインパワーや記事数も大事ですが質の良い記事を提供する事により、訪問者がファンになってくれナチュラルリンクやSNS拡散などアクセスアップを手伝ってくれます。

特にナチュラルリンクは、リンクを貼るサイト側の記事数やサイト運営歴等、様々なSEO要素が関係してリンクを送る側に関係してきます。

SEO外部対策に最も必要になってきますので、ナチュラルリンク獲得のためにも他では得られない情報発信するのがいいでしょう。

独自ドメインは訪問者が望む記事提供しておけば、記事数の多さよりサイト全体のSEO効果もアップします。

SEOに強い独自ドメインですが、最初から検索エンジンからのアクセスがあるというよりかは、サイト運営歴と文字数の多い記事で少しずつアクセスを拾うことができます。

そのためには1記事を作成する時に長文SEOで訪問者を虜に、今すぐ実践できる18のテクニック見出しタグの重要な使い方はSEO+ユーザビリティを意識するを実践するのがいいでしょう。

SEOに依存すれば訪問者にとってわかりにくく、SEOを知らないとクローラーを呼び込んだり検索結果に表示されるのが難しくなります。

訪問者に質の良い記事を提供するにはテキスト(文字数の多さ)が必要ですから、ページタイトルでSEO効果を狙うキーワードに対して深く説明してあげるのが大事です。

文章作成に慣れていないと伝えるという事が難しいかもしれませんが、毎日記事提供で、サイト滞在時間や被リンクのある記事を調べ、訪問者が気に入ってくれた記事を参考にするのもいいでしょう。

独自ドメインはSEOに強いですが、基本的な文章作成やSEO対策を知っておかないと多くのアクセス数を得るのは困難になってきます。

(※この記事のライター:SEOライターチーム)

忙しさから抜け出せない一人社長のための
「脱・一人ブラック企業プログラム」

「お金・時間・心の余裕」を生み出す経営改善コンサルティング

最新情報をチェックしよう!
>お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

毎日働いて売上が伸びるほど、経営が大変になる…
もう不本意なハードワークのスパイラルから解放されませんか?

小規模な会社・ひとり社長が十分な利益と時間の余裕を得るためのビジネス設計、仕組み化、自動化、高収益化、等々。
「小さい規模でも余裕の会社」をテーマに、微力ながら情報を発信してまいります。

『ナノ経営』は、「心身健康で生き生きと輝き、学び・思考・挑戦・成長しながら、豊かで充実した人生を生き抜く人」で溢れる世界を目指しています。

CTR IMG