キーワード近接度でサイトの価値を高める考えと実践方法

  • 2017年8月20日
  • 2021年6月30日
  • SEO集客

キーワード近接度とはページ内で上位表示を狙う2単語で、どれだけ近くにキーワードを記載しているか?

近ければ近いほど上位表示されやすいですが、SEO内部対策としてキーワード近接度は、それほど重要になっていませんが、できればやっておいたほうが検索にひっかかりやすくなります。

というのも、近くにキーワードを記載させていたほうが訪問者が求めている情報が、そのページにあると判断するためSEOとしてもプラスになります。

これは3単語でもキーワード近接度を意識すれば上位に表示させやすいですが、あまりにもキーワード近接度を意識しすぎると伝わりにくくなるので適度にキーワード同士を近くに記載させる事が大事です。

 

キーワード近接度とキーワード出現率について

SEOのテクニックになりますが、どちらも知ってユーザビリティアップのために実践します。

キーワード近接度は近くに検索結果に表示させたい2単語でのキーワードを記載しますが、それと同時にキーワード出現率を考え2~3%程を目安にするのがいいでしょう。

キーワード出現率の理想についてSEOも交えての正解は?でも説明しましたが絶対的な正解はなく、目的とするのは訪問者にとって有益となる情報を発信する事です。

そのためにSEO内部対策となるキーワード近接度も大事ですが、文章の最初から最後まで近くにキーワードを記載すれば良いワケでもありません。

2単語でのキーワード近接度は意識するけど、1単語のキーワードで1つの事に対し説明してあげるのが大事です。

また自然な文章で説明する事が大事なので、アクセスアップを狙って同じキーワードを連続で記載させるのは訪問者からはもちろん、検索エンジンのマイナス要因になり順位を落とす原因にもあります。

あくまで訪問者に、わかりやすく自然な文章を心がけるという事ですが、キーワード近接度とキーワード出現率は知っておいたほうがいいでしょう。

 

アンカーテキストでクローラーへの価値を高める

個別ページを紹介する内部リンクですが、アンカーテキストはクローラーが「どういった事が書かれてるページか?」判断するためにも重要になります。

このアンカーテキストとキーワード近接度も十分にSEO効果を発揮してくれます。

考え方としては検索結果に表示される部分のスニペット部分にアンカーテキスト(内部リンク)が表示されやすく、その近くのキーワードはSEO効果がアップするので、内部リンク近くはキーワード近接度を意識したキーワード、もしくは内部リンクだけでSEO効果をアップさせたいキーワードにするのもいいでしょう。

このアンカーテキスト(内部リンク)はSEO対策をするために最も必要で検索上位へ。最高のSEO対策を実践し輝き続けるサイトにする検索エンジン最適化で初心者が中級者になるSEOテクニック、これらを行うためにもアンカーテキストはユーザビリティアップやクローラー対策にもなります。

それを考えた時、アンカーテキストは順位アップに最も必用なSEO対策ですが、キーワード近接度も記事のわかりやすさを重視するという意味でも大事です。

 

画像altタグのキーワード近接度は?

画像altタグにキーワードを入れるとテキストと同じように扱われ検索結果に表示されますが、タイトルで上位表示を狙うキーワードを何度も入れるのはやめておきましょう。

画像altタグはGoogleの画像検索結果にも表示されるのですが、キーワード近接度については訪問者に役立つ情報となる文章で記載してあげて満足してもらうのがいいでしょう。

画像にリンク先を指定しaltタグに入れるとアンカーテキストと同じ効果はありますが、訪問者が2単語で検索します。
サイトに訪れる場合、その2単語が文章内に散りばめられた欲しがっている情報を探し読んで理解してくれるためaltタグはタイトルでSEO効果を狙うワードや関連キーワードを入れるべきです。

 

キーワード近接度の役割は重要な情報を伝える事

先程、検索結果にスニペットが表示される説明をしましたが、これを利用すればキーワード近接度として伝えたい情報を伝える事ができます。

やり方としては上位表示を目指す2単語、もしくは3単語のキーワードがあるとして、それらはキーワード近接度を意識しながら情報発信し自然な文章を心がけます。

考えとしては個別ページのタイトルで2,3単語のキーワードを入れた場合
その2,3単語はSEO効果が強くなり上位表示されやすく、文章で個別ページのタイトルと同じ2,3単語を入れる事により、その部分は検索結果に表示されやすくなるので、文章の2,3単語のキーワード近接度を意識した前後に、サイトに訪れるか判断するための説明文を記載します。

キーワード近接度については、ここまで意識する必要はありませんが、もし2単語なら近くに検索エンジンに拾われたいキーワードでも良いですし、アンカーテキストを記載してもいいでしょう。

これらは検索エンジンクローラーや検索結果のスニペットに表示される考えですがサイトにアクセスを増やす方法、SEOを勉強してきて思う事。のSNS拡散も大事です。

個別ページに記載するキーワードが文章中に散りばめられていて記事数とアクセス数の関係を良くするにはSEO効果が大事SEO内部対策で上位表示を独占!今からできる12のコツを実践できるなら、キーワード近接度を意識しなくても、自然と上位表示されるでしょう。

 

キーワードがないと検索結果に表示されない

当たり前の事ですが検索エンジンでインターネットユーザーが調べる時、サイトにキーワードがないと検索結果に表示される事はありません。

これを考えればGoogle検索で表示されない時に確認すべき事と改善策についてと似た事ですが、キーワードは多く豊富にページ内に記載したほうが、それに対するアクセス数もアップするという事です。

キーワード近接度の考え方は検索エンジンが訪問者の欲しがっている情報があると判断しますので、以下に使うとユーザビリティやSEO
効果がアップします。

  1. 文章中、適度に記載する
  2. 個別ページ紹介のアンカーテキストに記載する
  3. Hタグに記載する
  4. 箇条書きに大事な箇所で伝える

これらは内部対策になりますが、ユーザビリティの事を考えても1ページに対して実践してあげたほうがいいでしょう。

1ページに多くの情報量があれば、それだけで検索エンジンからのアクセスは多く集まります。

 

あくまでも自然が好ましい

良い記事を書くことがアクセスアップへの近道なので、キーワード近接度を意識したばかりに文章がわかりにくく、信頼性に欠けてしまいます。

それにキーワード近接度は、SEO内部対策になりますが他のテクニックであるアンカーテキストやページ内ジャンプをする事で多くのアクセス数を得る事ができます。

キーワード近接度と他のSEO内部対策を組み合わせる事は訪問者にもやさしいサイトになりますので、色んなやり方を実践していくのがいいでしょう。

そして、専門用語ばかりでSEOに依存するのはNGで、できるだけ分かりやすい言葉で説明する事です。

これはSEO対策となるキーワードを入れる事は検索結果で表示されるために、そして訪問者に理解してもらいリピータを作るためで、必然と文字数が増え長文SEOが発揮されます。

キーワード近接度は、必ず必要ではありませんが、知っておくとアクセス数が多少は増えると覚えておくのがいいでしょう。

(※この記事のライター:SEOライターチーム)

忙しさから抜け出せない一人社長のための
「脱・一人ブラック企業プログラム」

「お金・時間・心の余裕」を生み出す経営改善コンサルティング

最新情報をチェックしよう!
>お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

毎日働いて売上が伸びるほど、経営が大変になる…
もう不本意なハードワークのスパイラルから解放されませんか?

小規模な会社・ひとり社長が十分な利益と時間の余裕を得るためのビジネス設計、仕組み化、自動化、高収益化、等々。
「小さい規模でも余裕の会社」をテーマに、微力ながら情報を発信してまいります。

『ナノ経営』は、「心身健康で生き生きと輝き、学び・思考・挑戦・成長しながら、豊かで充実した人生を生き抜く人」で溢れる世界を目指しています。

CTR IMG