文字数とSEOの関係を良くする初心者なら知りたい11のコツ

  • 2017年8月15日
  • 2021年6月30日
  • SEO集客

文字数を多くすればSEO効果も望めますが、低品質な文章で文字数を稼ぐより、訪問者に有益な情報を提供する事によりSEO効果もアップします。

文字数を多くするという事は長文SEOで訪問者を虜に、今すぐ実践できる18のテクニックのやり方を知っておくのも大事です。

もちろん最低限のユーザビリティとしてタグや画像を使ってあげる必要はありますが、文字数とSEOの関係を良くする初心者なら知りたい11のコツを説明します。

1.SEO文章で訪問者を混乱させない

文字数が多くてもSEOの事を考え様々なキーワードを多く入れアクセス数だけを狙った文章になってしまった場合、訪問者にとってまったく価値のないコンテンツになってしまいます。

特定のワードやロングテールとして様々なキーワードでのアクセス数はほしいですが、文字数を多くする目的は訪問者にリピーターとなってもらう記事提供にしましょう。

書かれてる情報が分かりやすいとSNS拡散やナチュラルリンク獲得の可能性があります。

2.アンカーテキスト(内部リンク)を活用する

このアンカーテキストはSEO初心者の方には是非知ってもらいたいです。

内部リンクのアンカーテキストをクローラーに伝える意味でも説明しましたがクローラーやページビューをアップさせる対策でもありますが、有益な情報を発信されてる記事で1ページ内に様々なアンカーテキスト(他ページへの内部リンク)があれば、1回で多くの情報を見れないから「また次も訪れよう」とリピーター対策になります。

アンカーテキストはSEO効果をアップさせるので文字数の多い文章では適度に内部リンクとして設置させてあげる事が必要です。

3.画像や動画で差別化を図る

このサイトでは文字数を多くしてSEO効果を発揮するために画像や動画は大事と説明しています。

100%必要ではないのですが、訪問者に理解してもらうために、文字数が多くテキストに特化した文章を読んでもらうより、画像を見て文章をイメージしてもらう方が記事の質が大事です。

テーマにより画像や動画を使いにくい場合もありますが、大事なのは差別化で他にはないオリジナリティー溢れる記事構成になります。

4.関連するキーワードを意識する

アクセス数を拾うためにキーワードを意識しすぎるのは良くありませんが、自然な文章を心がけてページタイトルに関連するキーワードを文章に散りばめます。

関連するキーワードは、訪問者もほしがっている情報になりますので文字数を多くする場合、SEO効果はもちろん、情報の質がアップします。

ただ、分かりにくい文章だと逆効果になりますので、関連するキーワードを入れるとき詳しい情報を分かりやすく提供するのがいいでしょう。

5.文章の基本になる句読点を意識する

これも文字数とSEOの関係を良くするには必要な事になります。

文章の基本なので句読点の「。」や「、」を意識できるかで読みやすさが変わるので、文字数が多く句読点を意識してないよりかは意識したほうが丁寧な文章に仕上がりますので、リピーターを増やすためにも伝わる文章が大事です。

また句点「。」は短い文章を連続に使いすぎると読点「、」を意識していない場合、文章が伝わりにくく幼稚にも見えてしまいます。

そうならないためにも訪問者に読んでもらいSNS拡散やナチュラルリンク等、SEOでのメリットになるよう句読点の「。」や「、」を意識するべきです。

6.キーワード近接度を意識する

訪問者が検索するキーワードに対し、文章で同じキーワードが近くに設置されているか?

2単語の検索キーワードがあって、文章では2単語がはなれてると訪問者の事を考えると単語が近くにあったほうが求めている情報も探しやすくなります。

これを考えると検索順位を決定するスコアリングもキーワード近接度でSEO内部対策をしてあげるべきです。

7.入力ミスによる誤字脱字に気をつける

できるだけ文字数を多くしてSEO効果をもたらす記事作成をする時、タイピング速度を早くして思わず入力ミスして、そのまま記事投稿するのは良くある事です。

文字数を多くするには誤字脱字に気をつけて本来のキーワードで記事作成を心がけるべきですが、読んでいる側にとって「自身」「自信」こういった漢字が間違っていると、ページの離脱や記事の信頼性に欠けてしまいます。

誤字脱字の対策としては一度記事作成してから再び読み直す事です。

声に出して読む事も大事で意味が間違っていないか変な箇所があれば修正したり、わかりやすい文章になるよう全体の文字数から削って伝わる文章にできないか?検討するのもいいでしょう。

8.CSSを使って検索エンジンに好まれるようにする

HTMLに文字の大きさや色を指定するのではなくCSSファイルに文字の大きさ、色指定をしてHTMLに読み込ませたほうがソースは軽くなります。

文字数を多くする場合、文字色や大きさ、ボーダー等で訪問者に飽きさせないコンテンツ作りも必要になりますので、デザインに優れたページ作りをするのならCSSを利用した方がSEO効果がアップします。

9.見出し(hタグ)を利用して分かりやすい記事提供

見出しタグの重要な使い方はSEO+ユーザビリティを意識するで説明しましたが文字数を多くするために見出しタグで記事全体の情報が分かるように記載します。

また訪問者は検索エンジンからサイトに訪れますが、文字数が多い事を考えた場合、下にスクロールできるため全体の内容を読まない可能性もあるのです。

そのため見出しタグはSEOの事を考えても必要で、以前は見出しタグに記載されるキーワードはSEO効果がありましたが、現在はSEO効果が薄れててユーザビリティアップと考え設定するようにしましょう。

10.知ってる知識を深堀に説明する

ロングテールSEOをプラスアルファで効率的にアクセスを得る効果もありますが訪問者が知りたい事を深堀に説明するのはリピーター確保やナチュラルリンク獲得の可能性もあります。
他サイトで紹介されてるような情報をマネするより自身の言葉で深堀に説明したほうが、訪問者の満足度も高まります。

文字数を多くする事はSEO効果を高め、多くのアクセス数を得るためでもありますが、大事なのは素晴らしいコンテンツです。

11.ページ内ジャンプ(内部リンク)を利用する

文字数が増えてくると、どうしても目的の情報を探しにくくなってきます。
そこで、ユーザビリティとSEO効果をアップさせるページ内ジャンプで見出しまで飛ばすやり方をします。

ページ内ジャンプは目次として使われるので記事文章の最初に、それぞれの見出しが記載されてるので知りたいテキストをクリックすれば、その情報までジャンプする事ができるのです。

これはアンカーテキスト効果もあるので、ページ内ジャンプに記載する見出しテキストはSEO効果を発揮するキーワードを記載してもいいでしょう。

また、検索結果のスニペット部分にページ内ジャンプのアンカーテキストと飛び先のテキストが表示されます。

その事を考え検索ユーザーに対し訪問を促せるように飛び先のテキストを分かりやすく記載しましょう。

今回の文字数とSEOの関係について

SEO効果を高めれば自然と上位表示されますが、そのためには文字数を多くして訪問者に「この記事は面白い!」と思ってもらえるようにします。

そのためにはサイトにアクセスを増やす方法、SEOを勉強してきて思う事。のSEO対策からSNS拡散も必要です。

文字数を多くして役立つ情報を発信すればSEO効果はアップしますが被リンクを増やすためにサイトを輝かせるSEOテクニックキーワード出現率の理想についてSEOも交えての正解は?等も知っておくと検索エンジンからのアクセスを多く得る事ができるでしょう。

(※この記事のライター:SEOライターチーム)

忙しさから抜け出せない一人社長のための
「脱・一人ブラック企業プログラム」

「お金・時間・心の余裕」を生み出す経営改善コンサルティング

最新情報をチェックしよう!
>お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

毎日働いて売上が伸びるほど、経営が大変になる…
もう不本意なハードワークのスパイラルから解放されませんか?

小規模な会社・ひとり社長が十分な利益と時間の余裕を得るためのビジネス設計、仕組み化、自動化、高収益化、等々。
「小さい規模でも余裕の会社」をテーマに、微力ながら情報を発信してまいります。

『ナノ経営』は、「心身健康で生き生きと輝き、学び・思考・挑戦・成長しながら、豊かで充実した人生を生き抜く人」で溢れる世界を目指しています。

CTR IMG