記事数とアクセス数の関係を良くするにはSEO効果が大事

記事数を増やしてもアクセス数が増えない、そういった場合、文字数を少なくして記事数を増やしていたりSEOは意識しないで記事投稿しているかもしれません。

アクセス数を増やすには、もちろんSEO対策を施す必要があるのです。

そのやり方ですが記事タイトルで、実際に検索されてるキーワードを記載してあげるのと、文字数を多くしてロングテールのアクセスを狙います。

アクセス数を増やそうと思えば記事数と文字数を多くする必要がありますが、他に気をつける事として以下があります。

  1. hタグに分かりやすいテキストを入れる(SEOも考慮)
  2. 箇条書きを使って大事な部分を伝えてあげる
  3. アンカーテキストで個別ページを紹介する
  4. ページ内ジャンプでユーザビリティアップ
  5. キーワード出現率を2~3%程、意識する
  6. 記事タイトルで入れるキーワードの関連ワードを文章に散りばめる

これらはSEO効果をアップさせるものですが、さほど難しいワケでもないですが、アクセスアップさせるためにSEO対策を施そうと思えば、1記事を作成するのに、それなりに時間がかかります。

もちろん、時間をかけて作成した記事は検索エンジンクローラーを呼び込みやすく検索結果にも表示される機会が増えます。

1~6までを実践すれば間違いなく記事数を増やしてもアクセス数が増えない事はないですが、これらを実践してもアクセス数が増えないのなら、記事数が少ない、もしくはドメインが弱いのか?です。

記事数が少ない場合、やはりSEO効果をアップさせるためにも記事数を増やしてドメインも強くしたいですが、サイトを作成する時、無料ブログかワードプレスを選ぶのか?最初の時点で今後のアクセス数は変わりますが、やはりSEO効果を良くしたいのならワードプレスで独自ドメインを選んでおきたいです。

 

SEO効果を発揮させる記事の書き方

以前も説明しましたが結論は先に書いてあげてクローラーや訪問者に対し、このページにくると、真っ先に○○の事について書かれてるので読んでみようとなりますので、結論を先に書く事はSEO効果を発揮させる方法でもあります。

逆に結論が最後の方に書かれてると、訪問者が検索結果から貴方のページを見つけた時、わざわざ最後の方まで読み進めて結論を見よう、なんて考えはユーザビリティに欠けてしまいますのと、文章途中で記事タイトルとはまったく関係のない情報を与えてしまうとページを閉じてしまう可能性もあるのです。

次に土台作りも大事で、サイト作成したばかりなら早くアクセスアップさせたいと、記事数を増やしたり、文字数もできるだけ多い方が良いと訪問者に質の低い記事提供をしてしまいがちですが、サイト作成した最初だから、土台作りとなる最初の1記事から訪問者の役に立つ記事作成をします。

そして文字数ですが3000~あれば十分ですが、できるだけ多くすればロングテール等の効果を狙えるので、文章構成でページタイトルと関係のある情報ならば7000文字はあっても良いでしょう。

大事なのは訪問者に役立つ記事を提供しなければいけないのですが、そこにユーザビリティとして文章のみやすさで改行や文字の大きさ等のCSS設定をしてあげる必要もあります。

ユーザビリティとして、本来はhタグや画像、CSS設定をする必要があるのですが、訪問者は「どんな情報が満載されてるか知りたい」と検索エンジンで調べサイトに訪れますのでhタグで見出しとなる部分を大きくさせて文字数を多くして、CSS設定も多少はしてあげるだけでも大丈夫です。
もちろん画像が表示されてると、それを見た訪問者は文字を読まなくても瞬時にイメージできますが画像だけではクローラーはaltタグしか読み込めないため、やはりテキストを多くする必要があります。

サイトにより画像ばかり使う場合もありますが画像altタグの知らないと怖いSEOの話、すぐに知りたい事。こういったマイナスの面にも気をつけるという意味でテキストは多くして、できるだけ記事数を増やしてあげたほうがいいです。

 

文章の書き方にも気をつけよう

そのサイトにより、どういった説明をするのか?変わってきますが文書の書き方で「です」、「ます」に気をつける事です。

もちろん、これら以外でも大丈夫ですが、「思います」や「だった気がします」は訪問者の混乱を招くだけなので、出来る限り使うのはやめましょう。

また、SEO効果を考える時、出来る限り記事タイトルに関連したキーワードを入れると検索に引っかかりやすくなりますが、ユーザビリティが欠けてしまいます。

記事数とアクセス数の関係を考える時、文字数を多くして関連ワードを入れる事は大事なのですがSEOよりになってしまうと記事の質が落ちるのです。

文章も、できるだけ具体的に説明する必要がありますが短い文章より長い文章で説明するほうが、ユーザーの理解度も高まりますしテキストが増える分、検索に引っかかりやすくなります。

 

記事数を増やすのにも気をつける

大事なのは読まれる事ですがサイトにアクセスを増やす方法、SEOを勉強してきて思う事。でも説明したSNSで拡散されナチュラルリンク獲得も大事です。

ナチュラルリンクは自演で外部からリンクを貼るのではなく、サイトに訪れた訪問者が良質な記事と判断してくれて、ブログやサイトでリンクを張ってくれる事を言います。

記事数を増やしてアクセスアップさせるのにも、よりSEO効果を発揮させるためには外部対策が必要なので、実際にSEOを施そうとするキーワードを検索エンジンで検索し、1位~10位まで調べて、ライバルサイトを上回るような情報を発信していくのもオススメです。

その事について、どれだけ詳しいか?人に教えれる事ができるか?情報発信する事は、できるだけ詳しい必要がありますが、ここからさらにSEO対策を知っていたりSNS拡散やCSSの知識も必要です。

サイトへのアクセスアップは収入を得るのが目的の場合がありますが、どういった事で記事数を増やすのかはページタイトルはSEOを意識して1万人のユーザーに伝えよう検索エンジンの仕組みを理解して検索キーワードの1位を狙うのも大事になってきます。

 

記事数を増やしアクセス数を得るには

やはり検索キーワードで1位を獲得するのが一番ですが、サイトを作成した時に1ページ作っただけでは特定のワードで1位を獲得できないのです。

これについては50記事以上の記事数が必要ですが、サイト自体のSEO効果をアップさせるなら200記事以上あるほうが特定のワードで1位を獲得しやすいです。

また検索キーワードで1位を獲得できたからアクセスアップした、というよりかは実際に訪問者が「そのキーワードで検索した」からアクセス数があるので、いかにして文字数の多いユーザビリティとSEO効果の発揮する記事を増やす事ができるか?

訪問者に役立つサイトを作成するという事では、時間をかけてじっくりと作る必要がありますし、もし情報発信する事で、わからない事があると本やネットで調べる事も必要です。

1ページの文字数が3000文字の場合、知っている知識だけで記事作成できるなら時間はかからない場合もありますが、間違いのない情報発信するという事では調べて記事にしないといけないので、その時により時間はかかりますがライバルサイトと差別化を図る意味でも調べながら記事数を増やす事が大事になってきます。

(※この記事のライター:SEOライターチーム)

忙しさから抜け出せない一人社長のための
「脱・一人ブラック企業プログラム」

「お金・時間・心の余裕」を生み出す経営改善コンサルティング

最新情報をチェックしよう!
>お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

毎日働いて売上が伸びるほど、経営が大変になる…
もう不本意なハードワークのスパイラルから解放されませんか?

小規模な会社・ひとり社長が十分な利益と時間の余裕を得るためのビジネス設計、仕組み化、自動化、高収益化、等々。
「小さい規模でも余裕の会社」をテーマに、微力ながら情報を発信してまいります。

『ナノ経営』は、「心身健康で生き生きと輝き、学び・思考・挑戦・成長しながら、豊かで充実した人生を生き抜く人」で溢れる世界を目指しています。

CTR IMG