ページタイトルはSEOを意識して1万人のユーザーに伝えよう

ページタイトルはSEOを意識すれば、より多くの訪問者に伝える事ができます。
SEOの事を考えてもページタイトルが大事で、1万人の検索ユーザーに訪問してもらうためにも検索結果に表示させたいキーワードを意識する事が大事です。

ページタイトルとは記事投稿した時のタイトルですが一般的にSEOの事を考えてサイト名から関連するキーワードで、ページタイトルを決めていきますが、ここでSEOを意識するか?しないかでは、今後多くの検索ユーザーにサイトを見てもらえるか?どうかが変わってきます。

このページタイトルではSEOを意識して1万人の検索ユーザーに伝えようとしていますが、1日ではなくて数ヶ月という意味です。

SEO対策はコツコツと実践して、多くのキーワードで検索に引っかかるようにしながら、記事数を増やしサイト自体のSEO効果を上げていく必要があります。

もちろんページタイトルもSEO効果を発揮しますが文章に対しては見出しタグの重要な使い方はSEO+ユーザビリティを意識する内部リンクのアンカーテキストをクローラーに伝える意味を知っておく事も大事です。

 

ページタイトルでSEO効果を発揮するために

一番左側に重要なキーワードを入れる事で上位表示を狙います。

検索エンジンは左側を重要とみなしますが、SEO効果を発揮したいキーワードが一番右だったり検索エンジンや訪問者にわかりにくいページタイトルはNGです。

検索結果ではページタイトルとスニペットといわれる部分が表示されます。

ここで検索ユーザーはページタイトルから自身が求めてる情報が記載されてるか判断しますので、2,3単語で上位表示を狙うキーワードを入れるのです。

上位表示するためにもキーワード出現率は2%前後を狙いますが、最初から上位表示されるワケでもなく、まずは10記事以上ページタイトルを意識して記事投稿しなければなりません。

さらに記事投稿で数ヶ月で1万人の方の検索ユーザーに伝えるためにもページタイトルでは以下に気をつけます。

  • 複数のページタイトルでは、2単語以上を意識する
  • 1単語+○○で上位表示を狙う「例 大阪+イベント 京都+イベント」
  • 具体的数字や魅力的な言葉を入れる(クリック率を高める)
  • SEOワードを意識しすぎない

 

特に難しい事ではありませんがSEOも意識しすぎれば不自然なページタイトルになるので、自然になるよう心がけます。

具体的な数字や魅力的な言葉についてはサイトにアクセスを増やす方法、SEOを勉強してきて思う事。でも説明しましたがSNSで拡散され、たくさんの方にみてもらえナチュラルリンク獲得の可能性があります。

 

ページタイトルはアンカーテキストとして効果がでる

SEO効果をアップさせたいキーワードを2,3単語入れて文章中も上位表示させたいキーワードや関連ワードを入れますが、ページタイトルに入れたキーワードは、個別ページを紹介するアンカーテキストとして活かされます。

検索エンジンに必要なのは文字数の多さやアンカーテキストで、これらをコツコツとする事で上位表示されるのです。

アンカーテキストでSEO効果をアップさせる場合は、やはりページタイトルに入れてるキーワードで文章中アンカーテキストで内部リンクを設置させたほうが、ユーザビリティがアップするのと検索結果で上位表示されやすくなります。

また、アンカーテキストとして内部リンクを入れる事は内部リンクのアンカーテキストをクローラーに伝える意味でも説明しましたが訪問者に伝えるためにも、SEO効果を発揮するために記載する事が大事です。

では、アンカーテキストで同じキーワードばかり入れればいいというワケでもなく、1つのページに対して2,3単語ですが、サイトを作成したばかりなら複数のページで同じ1単語をアンカーテキストになるようページタイトルに入れたり、記事数が多いようなら同じキーワード、2単語にしても良いでしょう。

例として

ページタイトル[大阪 イベント情報]

文章300文字
(アンカーテキスト イベントで楽しみたい事ベスト5)

文章300文字
(アンカーテキスト 大阪のグルメイベント 2017年)

こういったやり方がSEO効果を高め上位表示してくれるのと訪問者が「大阪 イベント」の事を知りたくてサイトに訪れた場合、それに関連した個別ページを設置するのはユーザーのためにも必要になってくるでしょう。

 

充実したコンテンツはSEOでも重要になる

検索ユーザーは、わからない情報を検索エンジンで調べ、1位~のタイトルを見て訪れてきますが、文字数が少なくイマイチ理解できなかった、知ってる情報を得られなかったと思われないためにも、文字数を多くする必要があります。

長文SEOで訪問者を虜に、今すぐ実践できる18のテクニックでも検索ユーザーに満足してもらう事が大事と記載しています。

アクセスアップを狙うためにも、他にも必要な知識は多くありますがコンテンツを充実させて狙ったキーワードで、できるだけ上位表示させるのも1万人の検索ユーザーに伝えるのに必要な技や知識があるのです。

 

検索エンジンの仕組みを理解して検索キーワードの1位を狙う

では、検索エンジンが1ページ目、なるべく上位に表示させるのに重要とみなしている事を説明していきます。

  1. サイト名(左側に重要なキーワードを設置)
  2. トップページ(クローラーが最初に訪れる場所)
  3. ページタイトル(左側に重要なキーワードを設置)
  4. ページ文章に文字数を増やしアンカーテキストリンク(キーワード出現率2%前後)
  5. 他ブログでの紹介される(ナチュラルリンク獲得)

SEO効果をアップさせ、サイト自体を強力にするにはナチュラルリンク獲得が一番ですが、まずはキーワードがないと上位表示されないという意味で、キーワードを入れる事が大事です。

また、サイト名を決める時点でライバルがいるか?いないか?という事になりますが、最初の時点でアクセス数が変わってきますが、月の検索回数が必ず多くなるワケでもありません。
(キーワード選定を行えばライバルが一気に減る理由)

サイト名を決めるとき、一番SEO効果を発揮したいキーワードをいれますが、グーグルキーワードプランナーで競合性や検索回数を調べます。

そして、ライバルがあまり多くなければサイト名にキーワードを入れますが、一般的にはライバルが多くてもアクセス数は拾うことはできますが、それにはページタイトルでSEO効果を発揮しながら文章中のキーワード出現率も気をつける事です。

 

ページタイトルでSEOを狙う目的は?

やはり上位表示を狙うという事ですが、サイト名で特定のキーワードを入れただけでは1ページ目に表示される事は難しく、SEO内部対策である記事数を増やす事をします。

そこにページタイトルで多くのアクセス数を拾うために1ページで2,3単語を狙い、文章ではそれに対するキーワードを多くいれるようにしましょう。

またキーワードの探し方はホームページの売上げアップに必要なキーワード戦略についてと同じやり方でサジェストと関連する検索キーワードを使いますが、他にもアクセス数を増やす方法を紹介します。

それはYahoo知恵袋で実際に特定のキーワードで検索し、どういったキーワードに需要があるか調べ上げ、同じキーワードを使って上位表示を目指します。

これら100%のアクセスがあるワケではないですが、もしサジェストと関連する検索キーワード以外で、どういったキーワードがあるか調べたい場合は、Yahoo知恵袋でキーワード探しするのもいいでしょう。

(※この記事のライター:SEOライターチーム)

忙しさから抜け出せない一人社長のための
「脱・一人ブラック企業プログラム」

「お金・時間・心の余裕」を生み出す経営改善コンサルティング

最新情報をチェックしよう!
>お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

毎日働いて売上が伸びるほど、経営が大変になる…
もう不本意なハードワークのスパイラルから解放されませんか?

小規模な会社・ひとり社長が十分な利益と時間の余裕を得るためのビジネス設計、仕組み化、自動化、高収益化、等々。
「小さい規模でも余裕の会社」をテーマに、微力ながら情報を発信してまいります。

『ナノ経営』は、「心身健康で生き生きと輝き、学び・思考・挑戦・成長しながら、豊かで充実した人生を生き抜く人」で溢れる世界を目指しています。

CTR IMG