検索上位へ。最高のSEO対策を実践し輝き続けるサイトにする

  • 2017年7月30日
  • 2021年6月30日
  • SEO集客

検索エンジンで上位表示されるためにSEO対策は大事で、検索上位のサイトはSEO歴が長かったりします。

最強のSEO対策は訪問者の悩みが解決できて面白みがあり、他のサイトでは得られない価値ある情報になってます。

悩みを解決するという事では、文章を短くして大事なポイントだけを伝えるのもいいのですが、検索エンジンから訪れる訪問者はページの上から下にスクロールして読み進めるので、短い文章よりも長い文章で1つの事を説明するのが良いのです。

また、サイトにアクセスを増やす方法、SEOを勉強してきて思う事。でもSEOやSNSについて考えてもタイトルの28~31文字で具体的な数字を入れるのも、ナチュラルリンク獲得を視野にいれて検索上位を目指します。

 

検索上位を目指すための知識

SEO内部対策が、どれほど詳しいか?サイトテーマについて詳しいのか?も大事です。
もちろん体験談をテーマにしたサイトなら、人よりも詳しくなくても、実際にどんな事があったか?訪問者の知りたい情報を書くことで価値ある情報を提供できます。

サイトによっては体験談ではなく、調べてきた訪問者に対し正しい情報を教えてあげる場合もありますので、情報発信する場合、人よりも詳しい知識で教えてあげるかが必要です。

そういった訪問者の求めてる、わかりやすいサイトは自然と検索上位に表示されます。

このサイトではロングテールSEOをプラスアルファで効率的にアクセスを得るのSEO的な部分を説明していますが、検索上位に表示させるなら訪問者にわかりやすい説明を心がけるので必然的に文字数も多くなり狙っていなかったキーワードでのアクセスを拾えるのです。

これは、ページタイトルで検索上位を狙ってても、それに対して説明する文章が検索に引っかかったりします。

こういった事は「どのキーワードなら検索されるのか?」予測できませんが、ロングテールSEOで小さなアクセスを拾うことができます。

そういった、人よりも詳しい知識なので、今まで本やネットで勉強した事だったり、セミナーで学んだ事を情報発信する事がいいでしょう。

 

誰が情報発信してるサイトか?

検索結果からサイトに訪れた訪問者は、どんな事をしてた人が記事を書いているのか気になります。

これはプロフィールとして詳しく書きあげてもいいですしサイドバーに書いてる人の情報を記載しておくのもいいでしょう。

プロフィールの素性も含めページタイトルの全体的な文章で、より信頼度が高まり、検索上位に貢献するのと、中身も良ければ口コミで広がる可能性もあります。

一度、名前さえ覚えてもらえば、検索エンジンで名前を検索される可能性もでて、直接訪れてもらえる可能性もでます。

 

SEO対策で検索上位では意味がない?

初心者が学ぶSEO対策、上位表示できる8のテクニック
検索エンジン最適化で初心者が中級者になるSEOテクニック
長文SEOで訪問者を虜に、今すぐ実践できる18のテクニック

これらを参考にすれば検索上位は可能ですが、SEO対策を実践しながらサイト名や人柄を覚えてもらうほうがブランディング効果もでます。

ユニークなサイト名で覚えてもらう、プロフィールを記載して誰がサイトを運営してるか?知ってもらうのも大事です。

これは検索上位にきてもライバルサイトが現れ、自身のサイトが検索結果の2ページ目に表示された場合、訪問者は以前訪れたサイトがないと判断すれば、サイト名で検索し訪れてくれるメリットもあります。

もちろん、サイト名は一番のSEO効果を発揮しますのでキーワード+ユニークな名前か?ブランディング効果だけを考えてSEOを狙ったキーワードは入れずに訪問者に覚えてもらうために他にはないサイト名にしてもいいでしょう。

 

アクセスアップのためには知識が必要

SEO対策は内部と外部がありますが、最初にするのは内部対策です。

また、内部対策をしただけでは不十分で訪問者に対してナチュラルリンク獲得のための外部対策も必要になってきます。

重要なのは内部と外部で、これら両方があれば、間違いなく検索上位に表示され続けるサイトになります。

SEO対策というのはブランディング効果を考えたり(場合によっては地域名を入れたり)奥が深く、数ヶ月勉強し、実践しただけでは100%効果を得られない場合があります。

SEO対策はコンテンツの充実がアクセスアップの鍵になるでも説明しましたが、検索エンジンと訪問者の考えを追求し、SEO対策を交えながら有益な情報を発信しなければなりません。

これは検索上位を狙う場合、キーワード出現率を考えつつ読み手がほしがってる情報を文章にして関連するキーワードを入れつつ、あくまで自然な文章を心がけますが、どういった事を伝えたいのか?を考えれば不自然な文章にはならないはずです。

検索上位+キーワードを散りばめる

これは、個別ページのタイトルに記載しているキーワードで上位表示は狙いますが、文章中に散りばめてるキーワードでもロングテールとしてアクセスを拾います。

2単語以上の狙ってないキーワードでアクセスがあった場合、そのキーワードを個別ページのタイトルに入れてSEO対策を施すと、どういったキーワードでアクセスがあるか?調べますが、もし上位表示させてアクセスがあるようならホームページの売上げアップに必要なキーワード戦略についてで説明したサジェストと関連する検索キーワードが関わってる場合もあります。

検索上位を目指すキーワードはサジェストと関連する検索キーワードでSEO対策を施したほうが上位表示された場合、アクセス数は確実ですが、1ページ目に表示させるまで記事数の多さ、ナチュラルリンク等が必要になってくるでしょう。

検索上位を目指すためにも最強なSEO対策は、やはり他とは差別化された記事提供が必要ですが、記事数が多ければ多いほどSEO効果は良くなりますので、独自ドメインでコツコツとサイトを育てる事も必要になってきます。

記事数とアクセスの関係について

記事数を増やしてもアクセス数が増えないとは聞きますが、サジェストと関連する検索キーワードで100以上の組み合わせをページタイトルにして記事作成できるなら、間違いなくアクセス数は増えますし、目標とするのは検索上位で特定のワードで1位を目指します。

記事を投稿しても3位以下であればアクセス数は、それほど多いとはいえませんし、2ページ目より1ページ目に表示されるほうが少しずつではありますが、アクセス数は増えてきます。

すべてはSEO対策、訪問者のための記事か?で検索上位に表示されるか変わってきます。

つまりSEO対策がなければ、訪問者に伝えるキーワードを提供できないという事で、キーワードがなければ検索エンジンからのアクセス数も0に等しくなってきます。

これはページタイトルに対する事を3000文字~で詳しく説明するようにしますが、検索エンジンから訪問者が訪れる場合、文字だけが並べられるより、文章中、個別ページが紹介されてたほうがSEO効果を発揮してくれます。

このサイトでは訪問者を満足させるために画像やCSS等を使ったほうが良い事を説明していますが、もし画像やCSSを使うのが難しいようなら、SEO対策を意識してテキストや内部リンク(他ページ)でも有益な情報発信でも十分に検索上位へ望めます。
本来は、記事に対して、わかりやすさでリピーターが増える(サイトの目的によっては商品が売れる)ので、サイトテーマについて詳しく知る事で情報提供し、SEO対策であるナチュラルリンク獲得を目指します。

もちろんタイトルでSNS拡散を狙い、より多くの人に知ってもらうのが良いでしょう。

(※この記事のライター:SEOライターチーム)

忙しさから抜け出せない一人社長のための
「脱・一人ブラック企業プログラム」

「お金・時間・心の余裕」を生み出す経営改善コンサルティング

最新情報をチェックしよう!
>お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

毎日働いて売上が伸びるほど、経営が大変になる…
もう不本意なハードワークのスパイラルから解放されませんか?

小規模な会社・ひとり社長が十分な利益と時間の余裕を得るためのビジネス設計、仕組み化、自動化、高収益化、等々。
「小さい規模でも余裕の会社」をテーマに、微力ながら情報を発信してまいります。

『ナノ経営』は、「心身健康で生き生きと輝き、学び・思考・挑戦・成長しながら、豊かで充実した人生を生き抜く人」で溢れる世界を目指しています。

CTR IMG