検索エンジンの仕組みを理解して検索キーワードの1位を狙う

  • 2017年7月25日
  • 2021年6月30日
  • SEO集客

検索エンジンの仕組みを理解すれば特定のキーワードで1位を狙えます。

SEO対策さえ知っていれば検索エンジンの仕組みも簡単にわかりますが、目標とする事はサイトに訪れてもらう訪問者に対し、有益となる情報を多く提供する事です。

SEO対策は上位表示させるための手段ではありますが、検索結果に表示させて訪問者に質の良い記事と判断してもらえるか?

基本的なSEO対策は文字数の多さや内部リンクですが、これらを訪問者の求めている情報にできるのか?が大事になってきます。

タイトルでは検索キーワード1位を狙う2,3単語に対し、検索エンジンの仕組みを理解して
、文章作成する必要があります。

もちろん個別ページに対し、クローラーが訪れやすく、多くの訪問者を呼び込む必要はありますが、検索エンジンの仕組みとは訪問者の求めている事でもあるのです。

検索エンジンの仕組みがわからない方には、何をすれば検索結果に表示されるか、まったくわからないかもしれませんが、今回は、検索エンジンの仕組みを理解して検索キーワードで1位を狙う方法について解説します。

 

検索エンジンの仕組みについて

まずはクローラーに訪れてもらう必要があります。

これはクローリングともいわれてる作業になりますが、クローラーが自動的に巡回しWebページを収集してくれるので、まずサイトを作成するとクローラーが訪れるようページを作りこむ必要があるでしょう。

クローラーはテキストやアンカーテキストを好み、検索エンジンの仕組みを理解して上位表示させるために、それらを提供する事が大事です。

クローラーさえ訪れてもらうとキャッシュしてもらい、次にインデックスされる必要があります。

 

インデックスは、できるだけ多いほうが良い

検索エンジンの仕組みとして、次にインデックスがありますが、このインデックスはできるだけ多いほうがいいです。

また、キャッシュされたからといって、必ずインデックスされるワケではありませんが対策としてはグーグルサーチコンソールでFetch as Googleで更新したページの通知、サイトマップ送信をするのがいいでしょう。

ここまで検索エンジンの仕組みを説明しましたが、次に検索キーワードで1位を狙う方法を解説します。

 

1位を狙うキーワードを考える

トップページのみにテキストを増やす等のSEO内部対策をしても上位表示は可能になってきますがライバルサイトが多い場合、100記事以上は必要になってきます。

ここで、SEO内部対策に強くなるには初心者が学ぶSEO対策、上位表示できる8のテクニック。SEO内部対策で上位表示を独占!今からできる12のコツでも、サイトを上位表示させるコツを満載しています。

これらを理解できれば、多少ライバルがいても1位を獲得する事は夢ではありません。

SEO内部対策は検索エンジンの仕組みを考えても、とっても重要です。
通常、ホームページやブログでも記事投稿さえすれば、クローラーに訪れてもらい検索エンジンの仕組みを考えないでも自然とアクセス数は増えるのです。

これは、最初から土台作りができてるか?で今後、検索エンジンからのアクセス数は変わってきますが、少ない文章で多くの記事投稿でクローラー巡回頻度を上げるより、文章量を多くしたほうが、1ページに対しての検索エンジンの評価もあがるので、少ない文章より文章量を多くした方がアクセス数はアップします。

 

検索キーワード1位の落とし穴

SEO対策は様々なやり方が存在し、もうSEO対策に悩まない!ホームページを上位表示させる方法を利用する事で上位表示させる事ができ、サイトにアクセスを増やす方法、SEOを勉強してきて思う事。でも、アクセスアップのテクニックを満載しています。

もし、検索キーワードで1位を狙えても、突然強力なSEO対策を施したライバルサイトが現れると、簡単に順位を追い越されたりします。

よく検索キーワード1位を獲得し月のアクセス数が1万になった場合でも、結局はライバルが多い場所で戦ってると、いつアクセスがなくなってもおかしくないのです。

これは無理に1位を狙わないでも色んなキーワードで1位を狙い、検索されてるキーワードより、今すぐ客と、これから客を集める必要があります。

検索エンジンの仕組みは、それほど難しいものではありません。

クローラー、キャッシュ、インデックスについて説明しましたが、SEO対策さえ知っていれば上位表示される仕組みもわかりますので、どれだけ訪問者の役に立つサイトを作れるかにかかってきます。

ページ数が少なくても多少のSEOにて上位表示が可能ですが、ライバルが多い市場では文字数も多く訪問者の悩みを解決してあげる記事を作成しなければ1位は難しくなってきます。

ライバルの多い市場の場合、検索エンジンの仕組みを理解しても検索キーワード1位は難しく、色んなキーワードに対して1ページ目を狙う事を目的としたほうが、1日のアクセス数を激減するリスクも減ってきます。

大事なのは検索エンジンの仕組みであるSEOをしながら、SNSでの拡散もして多くの人の目に触れ外部対策であるナチュラルリンクを獲得する事です。

こういったやり方は、今までの小手先のSEOでなく訪問者の役に立つ文章を作成する、これから先も必要とされる方法ですが、今も昔も変わってない部分は検索エンジンから訪れる訪問者に対しての役立つ情報発信をするという事です。

口コミで広がるようなら自然とナチュラルリンク獲得で、クローラーがリンクを辿り、巡回頻度が高くなるといった嬉しいメリットもあります。

巡回頻度も検索エンジンの仕組みには大事な事で、特定のワードで1位を狙うよりも、多くのワードで1ページ目を狙い、SNS拡散やナチュラルリンクを獲得を目指したほうが、安定的にアクセスを得る事ができるでしょう。

 

難しくないSEO内部対策について

自身のサイトを検索結果に表示させるには検索エンジンの仕組みを理解しながらSEO内部対策を施すだけで訪問者がサイトに訪れる仕組みになるでしょう。

SEO内部対策は検索エンジンでアクセスを集める方法ですが、そこには文字数の多さ、ページ数の多さも関わってきます。

大事なのはSEO内部対策で多くのアクセス数を獲得するより上位表示させるための仕組みを理解しながら質の良いコンテンツを作り上げる事です。

これについては、SEO内部対策も使うけど、訪問者にイメージしてもらうために画像やhタグ、箇条書き、CSS等も使う必要があります。

時間はかかりますが、検索エンジンの仕組みを理解してるからこそ、クローラー巡回頻度を高めるために文章中アンカーテキストを利用するのもいいでしょう。

 

キーワード1位の目的について考えよう

アクセスアップだけを望むのなら色んなキーワードで記事作成すればいいのですが、商品を販売したいのかでも目的は変わってきます。

その場合タイトルでのキーワードはもちろん、文章中や検索に拾われたいキーワードを意識する必要がありますが
基本的に検索エンジンの仕組みは、クローラーがキーワード(テキスト)をみにくると思えばいいので、サイトの目的にあったキーワードを提供して訪問者を呼び込みます。

それと、上位表示はライバルがいるか?いないか?でSEO対策をかける部分も変わってくるので、今一度検索エンジンの仕組みを理解しながら目的にあったサイト運営をしてみてはいかがでしょうか?

(※この記事のライター:SEOライターチーム)

忙しさから抜け出せない一人社長のための
「脱・一人ブラック企業プログラム」

「お金・時間・心の余裕」を生み出す経営改善コンサルティング

最新情報をチェックしよう!
>お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

毎日働いて売上が伸びるほど、経営が大変になる…
もう不本意なハードワークのスパイラルから解放されませんか?

小規模な会社・ひとり社長が十分な利益と時間の余裕を得るためのビジネス設計、仕組み化、自動化、高収益化、等々。
「小さい規模でも余裕の会社」をテーマに、微力ながら情報を発信してまいります。

『ナノ経営』は、「心身健康で生き生きと輝き、学び・思考・挑戦・成長しながら、豊かで充実した人生を生き抜く人」で溢れる世界を目指しています。

CTR IMG