見出しタグの重要な使い方はSEO+ユーザビリティを意識する

  • 2017年7月21日
  • 2021年6月30日
  • SEO集客

見出しタグは重要で使うことによって文字が大きくなりユーザビリティがアップするのとSEO的にもプラスになります。

見出しタグはh1,h2,h2,h4,h5,h6となってきますが、これら全部を使わないでも、記事の質さえ良ければ自然とアクセス数はアップしていきます。

では、見出しタグを設定する目的ですが、CSSでもh1に対しては文字が大きく設定されておりhの数字が大きくなるにつれ重要度も薄れていきます。

これはh1タグを一番重要な見出しと訪問者にみてもらうためです。

検索エンジン最適化で初心者が中級者になるSEOテクニックでも話しましたが、hタグ(見出し)は最適化に重要なSEO内部対策になってきますが、一昔よりSEOとしてのパワーはなくなりました。

 

見出しタグの重要な使い方を考えよう

これまでの説明を考えても見出しとして<h1></h1>で囲ってあげると文字が大きくなり、その部分は訪問者に伝えやすくなります。

これはページに訪れるユーザーに対して、どういった情報が書かれてるのか?伝えるのに有効ですがサイトやブログによっては個別ページタイトルがh1とh2になってるケースがあります。

その場合h2を重要な見出しとして囲っていくのがいいでしょう。

サイト自体のユーザビリティをアップさせるためにも、改行も使われてる読みやすいページ作りが必要です。

見出しの役割は文章全体に書かれてる事を、すぐに読む事ができるように大切な情報、テキスト部分を大きく表示させる事です。

 

<h1>大阪 梅田の歯医者 ○○</h1>

(グローバルナビゲーションやパンくずリスト)

<h2>歯の治療なら○○へ 梅田駅近く</h2>

<h2>痛くない虫歯治療をお探しの方に</h2>

(SEOを考慮したテキスト文章)

<h2>今すぐ親知らずを抜きたい</3>

(SEOを考慮したテキスト文章)

見出しの順番ですが、このようにしてあげてh2を続くようにします。

もちろんh4~h6まで使ってもいいですが、その場合も訪問者に伝わる記載をしたほうがいいでしょう。

そして、見出しは長すぎるのはNGで、短すぎるよりかは、読んで書かれてる情報を理解できる程度の文章です。

訪問者の検索キーワードで目的さえ決まっていれば、需要は高まりますがページに訪れ、スクロールして一番下まで見たらページを閉じる場合もありますので、そこに見出しを、わかりやすく記載するメリットもあります。

なのでh1,h2,h2,h4,h5,h6までを連続で使用するのではなく、途中にテキストかアンカーテキスト、画像や動画を使ってあげ訪問者に対して飽きさせないページ作り、他と差別化を図る事です。

 

見出しタグでSEO効果とユーザビリティアップ

普通に見出しを使うだけならSEO効果はアップしませんが、見出しに飛べるようにページ内ジャンプを利用します。

このページ内ジャンプはアンカーテキストになるため、SEO効果がアップして、比較的検索エンジン上位にきやすいです。

しかも見出しタグはページ内ジャンプ、目次としてページの最初の方に記載する必要があるため検索エンジンからも評価されやすく検索結果から訪れた訪問者も目次の読みたいテキスト部分をクリックで、目的の場所を読む事ができます。

以前「内部リンクのアンカーテキストをクローラーに伝える意味」でも説明しましたが、訪問者も検索エンジンクローラーもアンカーテキストを見ていますので必ず利用してSEO効果をアップさせるべきです。

ただ、ページ内ジャンプはSEO+ユーザビリティのためですが、ページ内ジャンプで見出しと同じアンカーテキストを利用したからといって、必ず上位表示されるわけでもありません。

見出しタグはユーザビリティアップに欠かせませんが長文SEOで訪問者を虜に、今すぐ実践できる18のテクニックSEO対策はコンテンツの充実がアクセスアップの鍵になるも上位表示に関係してくるのです。

 

見出しタグのメリットについて

見出しタグを使うことは文字数を多くするメリットにもなります。

むやみに見出しタグを何度も利用して文字数だけを稼ぐのは良くないのですがページタイトルに対する見出しならいいでしょう。

あまり関係のないテキストで記載しても訪問者は途中から探してる情報と違う内容と判断し、他のページに訪れてしまうため良くありません。

もちろん、ページタイトルに対しての説明であれば、関連ワードを拾うこともできるのとロングテールで多くのアクセスを得る事もできます。
(ロングテールSEOをプラスアルファで効率的にアクセスを得る)

ただ、見出しタグを使うときに気をつける事もあり、それは他の見出しとまったく同じテキストを何度も利用しないという事です。

連続で3,4回までなら大丈夫ですが、あまりにも連続させた場合、ページ内ジャンプとして目次に同じキーワードが連続するとクローラーがアンカーテキストで、同じキーワードばかりと検索結果に表示させてしまいます。

これはユーザビリティからみても良くないのと、自然な文章になるよう、見出しにSEO効果をアップさせたいキーワードを入れつつ、関連ワードも適度に入れたほうがいいはずです。

普通の見出しでなら、特に問題はないのですが、それでも訪問者が違和感なく読み進めるように記載します。

 

画像かテキスト、どちらを使うべきか?

どちらとも同じ見出しとして効果はありますが、これについてはテキストを使うべきです。

画像を使う場合、その分重くなってしまうのと、できれば見出しはテキストで記載してあげて、画像は見出し下に設置してあげたり、文章中に設置したほうが記事の質をあげる事ができます。

もちろん見出しを画像としても記事の質から上位表示はされそうですが、ページは軽くして訪問者に提供した方が、ストレスなく読んでもらえます。

CSSで見出しをカスタマイズする事もできますが、画像は必要な箇所で使うほうが訪問者にイメージしてもらう事も大事です。

これは、検索エンジンやインターネット利用者の事を考えても、見出しについてはテキストで説明したほうが、より理解されやすく、わからない事があって検索エンジンで調べ答えを求めていますので、それに対する事を詳しく説明するほうが訪問者のためになります。

訪問者に理解してもらうために

そして見出しタグは多ければ多いほどSEO効果+ユーザビリティは良くなります。

もちろん記事の質に気をつける必要はありますが、必然的に文字数も多くなれば訪問者にとって理解してもらえ、SNSで拡散してもらえる確立も高くなってくるでしょう。

またページ内ジャンプのアンカーテキストも多くなりますので、それだけで1ページ内のSEO効果が強くなり、文字数が少ないときと比べ、多くのアクセスを集めます。

見出しタグはSEO内部対策ですが、サイトにアクセスを増やす方法、SEOを勉強してきて思う事でもSEO内部対策からSNSで拡散させる事に役立ってくれます。

それは訪問者のための記事作成でもありますし、ユーザビリティのためを思えば箇条書きも必要になってくるでしょう。

記事タイトルは、ホームページの売上げアップに必要なキーワード戦略を参考にしながら見出しタグに、それに関するキーワードを考えて記載していく必要もあります。

これらは、不自然な文章作成より自然になるようにしたほうが、訪問者も違和感なく読んでくれますので、あまりにもSEO効果を意識するより訪問者目線で記事作成する事を心がけましょう。

(※この記事のライター:SEOライターチーム)

忙しさから抜け出せない一人社長のための
「脱・一人ブラック企業プログラム」

「お金・時間・心の余裕」を生み出す経営改善コンサルティング

最新情報をチェックしよう!
>お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

毎日働いて売上が伸びるほど、経営が大変になる…
もう不本意なハードワークのスパイラルから解放されませんか?

小規模な会社・ひとり社長が十分な利益と時間の余裕を得るためのビジネス設計、仕組み化、自動化、高収益化、等々。
「小さい規模でも余裕の会社」をテーマに、微力ながら情報を発信してまいります。

『ナノ経営』は、「心身健康で生き生きと輝き、学び・思考・挑戦・成長しながら、豊かで充実した人生を生き抜く人」で溢れる世界を目指しています。

CTR IMG