初心者が学ぶSEO対策、上位表示できる8のテクニック。

  • 2017年7月16日
  • 2021年6月30日
  • SEO集客

初心者でも簡単にできるSEO対策、検索エンジンからのアクセスアップがほしいのならSEO対策は必要になってきます。
やる事さえわかれば初心者でも上位表示は難しくなく、基本的にはキーワードを入れるだけで、ある程度上位表示されます。

今回、初心者が学ぶSEO対策、上位表示できる8のテクニック。を解説します。

 

1.テーマが決まると関連キーワードを探す

この作業は初心者にはしんどいように感じますが、サイト名にダイエットが含まれてると「ダイエット 短期 10キロ」、「ダイエット 短期間 激やせ」、「短期間 ダイエット 運動」、「短期間で痩せる方法 太もも」、「一週間 本気ダイエット」

これらダイエットに関係する検索されてるキーワードですが、Googleのダイエット 短期間の関連する検索キーワードになります。

自身のサイト名に合わせて、どういった関連キーワードがあるのか探すのがオススメです。

また、初心者の方でも簡単に探す方法としてGoogleで実際に検索してみて、下の方に関連する検索キーワードが、いくつか表示されてますので、そちらを参考に関連キーワードを探す事ができます。

 

2.タイトルの左側に重要なキーワードを入れる

タイトルの左側を意識する場合「短期間でダイエットする!私が5キロ痩せた方法」といった感じに行う事ができるので、初心者でも簡単にできるSEO対策となっています。

検索エンジンはタイトルの左側を重要とみなし、なるべく上位表示させていますが、テーマにより、検索したキーワードが左側にきていなくても上位表示されてるパターンがあるのです。

初心者の方には、これが一番!とやり方を決めるのは難しいと思いますので、個別ページタイトルではタイトルの左側にキーワードを寄せるのがSEO対策でも重要です。

 

3.キーワード近接度を意識してページ作成する

キーワード近接度は立派なSEO対策で初心者の方にも、すぐに実行する事ができるのです。

検索順位を決める要因にもキーワード近接度が含まれていて、「ダイエット 短期間」で検索された場合、検索結果に「ダイエット」だけで表示されるより「ダイエット 短期間」で表示されたほうが検索ユーザーのためになりますし、周辺のテキストも拾われます。

これは、「ダイエット 短期間」に対して説明されている前後の文章がわかるメリットがあるのです。

このキーワード近接度はアンカーテキストで記載されてたほうがSEO効果をアップしてくれます。

 

4.アンカーテキストで個別ページを紹介する

アンカーテキストはSEO対策を覚えはじめた初心者の方に、知って頂きたい内部対策となってます。
個別ページを紹介するだけなので初心者はもちろん、SEO歴が長い人も必ず行っている事です。

アンカーテキストに含まれるキーワードはSEO効果をアップさせますが、ページ先を見てクリックするかはユーザーが決めます。

ページ内に関係する他ページを紹介するのが自然になりますので、アンカーテキストで個別ページを紹介する場合、多いと無駄になる事はありませんが、文章とのバランスが大事です。

タイトルに対して説明している最中で個別ページを紹介し、また説明に戻るといったテキストとアンカーテキスト(個別ページ)のバランスが大事で、テキストを多くします。

内部リンクのアンカーテキストをクローラーに伝える意味

 

5.ロングテールを意識して記事作成する

SEO初心者の方であれば、文字数を多くすればロングテールでアクセスが増える考えはないかと思いますが、有益な情報を発信するためにも是非やっておきたい事になります。

文字数に決まりはないですが、3000文字~と長ければ長いほどロングテールを拾える確立が高くなります。

ロングテールの拾い方は、関連するキーワードをたくさんいれる事ですが「ダイエット 短期間」がタイトルだった場合
「方法」「いつ?」「効果」「階段」「汗」「友達」、これらの「ダイエット 短期間+○○」でアクセスを拾える場合があります。

ロングテールは基本的に文字数を多くするだけですが、訪問者にとって読み応えのある文章を目的とします。

文字数を増やし、アンカーテキストを設置する事で、SEO効果が強まり上位表示される場合もありますが、初心者の方でも簡単に行う事ができます。

文字数を増やす事も大事ですが、サイトに訪れる訪問者の事を考えた文章作成も重要です。

ロングテールSEOをプラスアルファで効率的にアクセスを得る

SEO対策はコンテンツの充実がアクセスアップの鍵になる

 

6.キーワードの出現率を意識する

ページ内にキーワードの出現率を意識して文章作成するのはSEO対策でも大事になってきます。

個別ページのタイトルに「ダイエット 短期間」のキーワードが含まれてると、それに対する文章に「ダイエット」「短期間」の出現率も上位表示に関わってくるのです。

キーワード出現率は検索エンジンが、このページについて「ダイエット 短期間について情報が載っているのか?」調べます。

より自然に説明されてる事を考えても、キーワード出現率は2~3%ですが、多少前後しても大丈夫です。

キーワード出現率も考慮しながらダイエット 短期間のキーワードの近くに「走る」のワードがあれば「ダイエット 短期間 走る」でアクセスを得る可能性もあります。

これらは同じダイエットテーマのライバルサイトでアクセス数は異なりますが、近くにキーワードを記載しておく事もできるのです。

ここで、注意しておきたいのがキーワードを入れすぎて不自然な文章になってしまい、記事の質が落ちてしまいます。

キーワード出現率はSEO初心者の方に知ってもらいたい対策でもありますが、上位表示させたいキーワードを決めると、それを元に自然な文章を心がけるのがいいでしょう。

 

7.地域名を入れて上位表示させる

地域名を入れるのは初心者の方でも簡単に行えるSEO対策です。

地域名を入れる事で検索回数は少なくなりますが、その分ライバルを減らす事ができ、上位表示させやすくなります。

検索結果の1ページ目にくる事は
ホームページを作成する時、地域名を絡めて、サイト名を決める事のメリットは、目的意識がハッキリとしている訪問者を呼び込む事です。

これは、住んでいる地域の方にホームページを見てもらい、住所も記載しておいたほうが実際に訪れてもらえる確立が高くなります。

もし地域で何かのサービスを始めるならサイト名の左側に地域名を入れてSEO効果を発揮したほうが上位表示されやすいでしょう。

 

8.サイト説明文(ディスクリプション)を考える

サイト説明文は、最初に行いたいSEO対策です。

トップページが検索結果に表示される場合、サイト説明文も表示されますので、120文字を目安に何のサイトか?知らせる必要があります。

一般的には、サイト名とサイト説明文が検索結果に表示され、両方に含まれるキーワードはSEO効果を発揮しますが、あまりにもキーワードを詰め込みすぎは良くないです。

これは、検索結果でキーワードが、多く入っていた場合、訪問者が違和感を感じクリック率に影響するという事ですが
あくまで自然な説明で、適度にキーワードを入れるのがいいでしょう。

サイト説明文はトップページや個別ぺージでも変える事ができるため(無料ブログかホームページかで、変えれない場合もありますが)それぞれの説明文を変えれるならSEO対策を考慮したディスクリプションを考えます。

 

初心者が学ぶ8のテクニックについて

初心者が学ぶSEO対策、上位表示できる8のテクニックを解説しましたが
特にアンカーテキストは大事な内部対策で、SEO初心者でもアンカーテキストを利用する事によって、上位表示も可能になってきます。

今回8までの説明はSEO初心者でも簡単に行える内部対策で、アクセスアップのために必要になってきますので是非利用しましょう。

(※この記事のライター:SEOライターチーム)

忙しさから抜け出せない一人社長のための
「脱・一人ブラック企業プログラム」

「お金・時間・心の余裕」を生み出す経営改善コンサルティング

最新情報をチェックしよう!
>お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

毎日働いて売上が伸びるほど、経営が大変になる…
もう不本意なハードワークのスパイラルから解放されませんか?

小規模な会社・ひとり社長が十分な利益と時間の余裕を得るためのビジネス設計、仕組み化、自動化、高収益化、等々。
「小さい規模でも余裕の会社」をテーマに、微力ながら情報を発信してまいります。

『ナノ経営』は、「心身健康で生き生きと輝き、学び・思考・挑戦・成長しながら、豊かで充実した人生を生き抜く人」で溢れる世界を目指しています。

CTR IMG