検索エンジン最適化で初心者が中級者になるSEOテクニック

  • 2017年7月13日
  • 2021年6月30日
  • SEO集客

検索エンジン最適化はSEOの事であり、上位表示をするためにも、検索エンジン最適化をする必要があります。

サイトにアクセスを集めるならGoogleやYAHOOなどの検索エンジンから訪問者を呼び込む必要がありますが、SEO初心者の方なら、どういう対策をとればいいのかわからない方が多いのではないでしょうか?

検索エンジン最適化は、やり方さえわかればとっても簡単で、訪問者に価値ある情報を提供すれば自然とGoogleやYAHOOで上位表示されます。

 

検索エンジン最適化の考え方について

基本的には訪問者に情報発信する事を目的として、何度も訪れてもらうようにします。

ただ、これだけでは不十分で情報発信しながらも、検索エンジン最適化(SEO)のタグ入れ、多くのアクセスを集めるためにSEOの技が必要になってきます。

 

  1. タイトルの左に重要なキーワードを入れる
  2. サイト説明文に適切なキーワードを入れる
  3. 見出し(hタグ)でわかりやすい記載をする
  4. 箇条書きulやolでユーザビリティアップ
  5. アンカーテキスト(個別ページ)を文章に設置する

 

1~5を実践するだけでも検索エンジン最適化の効果は十分にあります。

また、ページ数を増やせば、Googleからのアクセスは望めるでしょう。

上記で説明したのは検索エンジン最適化としては、ごく一部のやり方で、さほど難しいワケではなく初心者にも簡単に行える方法です。

 

さらに検索エンジンからアクセスがほしい場合

ある程度のSEOは知ってるけど、中々アクセスアップしない場合、最初に説明したSEO対策より、中級者向きのテクニックを使うのをオススメします。

 

  1. SNS拡散を狙いナチュラルリンク獲得を目指す
  2. 「です」「ます」に気をつけて、綺麗な文章を心がける
  3. イメージしてもらうために文章にあった画像を利用する
  4. 長文で検索エンジン最適化を、しながら訪問者に理解してもらう
  5. アンカーテキスト(内部リンク)は適切な数を設置する
  6. ページ内ジャンプを使いSEO効果をアップさせる
  7. ページ内ジャンプはSEO効果をアップさせたいキーワードを適度に入れる

 

これらは私が考えた上位表示に大事な中級者向きのテクニックです。

検索エンジン最適化のやる事さえわかれば、上位表示は簡単ですが、訪問者にわかりにくければ意味がなく、大事なのは訪問者にわかりやすいを提供します。

検索エンジン最適化のためにSEO対策のやり方としては以下が参考になります。

長文SEOで訪問者を虜に、今すぐ実践できる18のテクニック

 

上位表示に必要なテクニックについて

SNS拡散でナチュラルリンクの獲得も記載しましたが、一番大事なのは価値のある情報提供で、訪問者に認めてらえればナチュラルリンクは増えますので、自然と上位表示されるのです。

ここで価値ある情報を考えた場合、タイトルに対しての文章を、よりわかりやすく深堀していく必要があります。

これについては訪問者が○○の事について検索エンジンで調べる時、タイトルと文章が表示されますのでタイトルや文章に対しても検索エンジン最適化をしていく必要があるのです。

例として、このページでは「検索エンジン最適化」で上位表示を狙っていますが、訪問者が「検索エンジン最適化」のキーワードで検索エンジンのGoogleから訪れる場合

「検索エンジン最適化」と、その周辺のテキストがスニペットの場所に表示されるので、どういった文章を表示させて訪問者に訪れてもらうか?

それらを考えて検索エンジン最適化するキーワードを決めて上位表示を目指します。

また、タイトルと文章が検索エンジンに表示されますが、訪問者はサイトに訪れる前にタイトルの方を見ているので上位表示させたいキーワードを入れながらページに対してのメリットも記載してあげるのがいいでしょう。

 

差別化をするために画像は必要

ページ内で説明している文章と画像があっていればサイト滞在時間もアップするのと、他ページをみてもらえる確立も高くなってきます。

検索エンジン最適化を考えた場合、テキストやアンカーテキストでSEO効果をアップさせますが
これらは基本的に文字ばかりになりますので、訪問者が飽きてしまいます。

ページ内に記載されている情報の質が高ければテキストだけでもいいのですが、他と差別化を図るために、できるだけ画像は入れたほうが訪問者は好んでくれます。

では、どういった画像がいいのか?ページ内の見出しに対して1つの画像を入れるのが一般的です。

見出しとは文章がわかりやすいように大きく表示されますが、例としてお金に対しての説明なら、実際の札束画像、メリットやデメリットに対しての説明であれば嬉しさや困ったを表現している人間の画像等を使います。

さらには、アイキャッチ画像で関連記事から、どういった事を説明しているか?イメージが湧きクリックしてもらえる確立も高くなります。

人気サイトも画像を使い、訪問者を飽きさせない工夫しているので、無料素材等から画像を使ってもいいでしょう。

 

CSSで、ストーリー風に伝える

CSSは画像を使うより、ページ自体を軽くできますので、サイトにあった背景色や文字色などを変えてあげましょう。
さらに説明している文章に対しても、アニメの画像を付け加える事で本当に説明されてるように感じます。

これらは時間のかかる事で、他サイトよりSEO効果を発揮して上位表示させたい場合、多くの時間をかければ1ページ目を狙える確立が高くなってきます。

検索エンジン最適化は色んなやり方がありますが、訪問者が訪れSNSで拡散やブログで紹介してもらう必要がありますので
CSSでユーザビリティをアップさせ、被リンク獲得するのも1つの手です。

被リンク獲得は質の良い記事が大事ですが難しい場合、CSSでストーリー風に、わかりやすくページ作成します。

例えば、サイトでは先生と生徒のような関係を作り文章中で、登場する人物がその二人にして、タイトルに対して問題を解決するようにするのも訪問者を惹きつける方法でもあります。

そういった登場する人物がいるのも差別化をするためには良いのですが、大事なのはユニーク性で、だらだらと同じ文章を説明するより、読んでいる途中に笑えるような一言を記載するのもオススメです。

わからないを解決するけど途中に画像も交えたほうが、より理解してもらいます。

CSSで登場人物を作ったり、文字の大きさ、色、背景色を設定しても文章よりになってしまいますので、文章で説明しきれない部分は画像で補う必要があるでしょう。

 

文字数と画像のバランスについて

ここまで検索エンジン最適化に関する上位表示テクニックについて説明しましたが、文字数を多くすれば多くするほどSEOに有利になります。

ただ、無意味に文字数を多くするよりユーザビリティに必要なhタグや箇条書き、さらにはCSSや画像の設置です。

タイトルに対して説明する文章テキストはもちろん、アンカーテキスト(個別ページ紹介)やページ内ジャンプも必要になり、訪問者は検索エンジンで調べタイトルとスニペットを読んで、サイトに訪れるか決めますので、できるだけ必要な情報を記載してあげる必要があります。

これは検索エンジンのクローラーは画像よりもテキストを好むため、画像を多く使うのはSEO的にも良くないのです。
(画像altタグの知らないと怖いSEOの話、すぐに知りたい事。)

最後は、文字数(タグでのSEO対策)が必要となる検索エンジン最適化は、訪問者をサイトに呼び込むためにも、それに対するキーワードを入れてあげる事、訪問者に満足してもらう事がサイト運営の目的になってきます。

(※この記事のライター:SEOライターチーム)

忙しさから抜け出せない一人社長のための
「脱・一人ブラック企業プログラム」

「お金・時間・心の余裕」を生み出す経営改善コンサルティング

最新情報をチェックしよう!
>お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

毎日働いて売上が伸びるほど、経営が大変になる…
もう不本意なハードワークのスパイラルから解放されませんか?

小規模な会社・ひとり社長が十分な利益と時間の余裕を得るためのビジネス設計、仕組み化、自動化、高収益化、等々。
「小さい規模でも余裕の会社」をテーマに、微力ながら情報を発信してまいります。

『ナノ経営』は、「心身健康で生き生きと輝き、学び・思考・挑戦・成長しながら、豊かで充実した人生を生き抜く人」で溢れる世界を目指しています。

CTR IMG