サイトにアクセスを増やす方法、SEOを勉強してきて思う事。

サイトにアクセスを増やす方法は難しくなくSEO対策やSNSでの拡散で、多くのアクセス数を増やす事ができます。

理想なのはSEO対策をしながらSNSで拡散され多くのアクセス数を増やす事です。

サイトのテーマにより得られるアクセス数は変わってきますが、サイト名のキーワードで1位を狙う意味でも検索エンジン対策は知っておきましょう。

 

SEO対策からSNSでの拡散について

サイトにアクセスを増やすには、内部対策を施し、検索エンジンから訪問者を呼び込み、「いいね」や「ツイッター」ボタンをクリックしてもらう必要があります。

まずはSEO対策で訪問者を呼び込む事が必須になってきますので、思わず読みたくなる、クリックしたくなるタイトルを考える必要があるのです。

そのためにはタイトルを28~31文字で考えますが、パソコンとスマートフォンでの検索結果では、表示されてるタイトルの文字数が違います。

これについては31文字ぐらいがベストとは言われてますが、魅力のあるタイトルにできるなら、28文字でもいいでしょう。

 

魅力あるタイトルと文章を考える

理想なのはSEO向きでSNSでの拡散も狙うという事です。
「必見!」「100のテクニック」「7つのこと」「新人必見」「死ぬまでに」「全米震撼」「2ヶ月」「3つの原則」「10選」

これらは具体的数字を入れたり、期待を煽る「死ぬまでに」「全米震撼」「必見!」を入れていますが
訪問者の期待を煽っても中身(文章)が良くなければ閲覧が悪くなったりします。

SNSで拡散され、最終的に検索エンジンからのアクセスを獲得したいと思っても、期待を煽るキーワードを何度も使わないほうがいいでしょう。

タイトルが決まれば文章になりますが、具体的数字を入れた場合、その数字分だけを紹介してあげる必要があります。

「8のこと」とタイトルがわかりやすかったのに、6だけしか紹介していないと訪問者はがっかりしますので、タイトルで決めた数字分だけの情報を提供するようにしましょう。

検索エンジンではタイトルが一覧で表示されてますが、その時に数字タイトルを見つければ、知りたい欲求からクリック数も上がりサイトへのアクセスを増やす要因になります。

 

文章はSEOと訪問者を意識する

あくまでも訪問者のための文章で、SEOはキーワードを入れてあげる事を意識します。

また、わかりやすい説明も重要で、SEOを意識して検索されてるキーワードばかり入れても、訪問者には理解しにくいのです。

大事なのは、長文でわかりやすい、何度も読みたくなる文章を心がける事で、検索されるためにもキーワードは文章中に散りばめます。

大事なのは訪問者目線の記事作成で、役に立つ文章なら検索エンジンからのアクセスやSNSで拡散されるといったメリットがあります。

そしてサイトへのアクセスアップのためにも訪問者への文章は意識しますが、最低限しておきたいSEO対策について説明します。

  1. 記事タイトルと同じキーワードを文章にいれる
  2. キーワード出現率2~3%を意識する
  3. 関連ワードを文章に散りばめる
  4. 見出しはわかりやすく記載してあげる
  5. 文字数を多くしてロングテールを狙う
  6. アンカーテキスト(内部リンク)を設置する
  7. 文章に対するイメージを画像で補う
  8. 箇条書きでユーザビリティをアップさせる
  9. CSS設定で、みやすい記事作成をする

 

SEOは意識しすぎると訪問者のための文章作成が難しくなりますので、どうすれば役に立つ記事を作成する事ができるか?

これについては、SEOや訪問者のためのWebライティングも勉強する必要があります。

最初に勉強しないままで記事作成しても、サイトへのアクセスを増やす方法や検索エンジンの仕組みを理解してない状態だと、上位表示も難しくなってきます。

 

さらにアクセスを増やすために行う事

タイトルの文字数や文章でのSEO対策、訪問者のためになる事を説明しましたが、これでは不十分です。

今までの説明から、より効率的に検索エンジンからアクセスを増やす方法を説明します。

以前にも記事で書きました、Googleのサジェストと関連する検索キーワード、これらで個別ページでのタイトルにするのはサイトのアクセスアップにも重要な事です。

実際には1ページ目を狙い魅力的な記事タイトルにできれば、SNSで拡散されるメリットがあります。

Googleのサジェストや関連する検索キーワードを参考にして1ページ目、もしくは1位を狙います。

例として「SEO内部対策、2017年に最も重要な20のこと」で「SEO」「内部対策」「2017年」のキーワードを入れてます。

もちろん文章内も3つのキーワードを散りばめる必要はありますが、訪問者のために文章を書くのでSEOに関しての知識も詳しいほうが訪れるユーザーも読んでくれるはずです。

どんなテーマに限らず、他の人よりも詳しければ多くの情報を提供できるメリットがありますが、情報だけを発信するのか?面白くして感情も訴えかけるのか?やり方は色々あります。

SNSの拡散でアクセスを増やすために

  1. ツイッターやいいねボタンを設置する
  2. 記事タイトル28~31文字で具体的数字を入れる
  3. それに伴った文章を作成する(長文が好ましい)
  4. 画像を使い訪問者にイメージしてもらう
  5. SEOと訪問者を意識して検索エンジンからのアクセスを増やす
  6. 何度も読みたいと思わせてSNSの拡散を狙う

最初からツイッターやいいねボタンが設置されていれば、気にする必要はありませんが、記事タイトルで差別化が図れるように時間をかける事をオススメします。

これらに気をつけて、ある程度のキーワードで記事作成すれば、それなりに順位アップするはずです。

SEOは、サイトへのアクセスを増やすために重要ですが、あまりにも意識すると訪問者が理解しにくくなるので、キーワードの使い方やアンカーテキスト等を知っていればいいでしょう。

 

またSEO対策でアクセスを増やすための方法としては以下のリンクで説明しています。
内部リンクのアンカーテキストをクローラーに伝える意味

アンカーテキストで書かれた情報はSEO効果をアップさせて検索エンジンに表示させるのに便利です。
○○のキーワードで、サイトにアクセスを増やすためにも、アンカーテキストに特定のワードを入れます。

同じキーワードでアンカーテキストを連続で出現させるのは、あまり良くないのです。
アンカーテキストの目的はクローラーに伝え、訪問者にもクリックしてもらう事を目的にした方が良いでしょう。

ロングテールSEOをプラスアルファで効率的にアクセスを得る

サイトへのアクセスを増やす方法は1ページに対して2,3単語の組み合わせで上位表示を狙いますが、ロングテールは検索回数が少なく、狙っていなかったキーワードでのアクセスになります。

ロングテールSEOは文字数を多くしますが、意味もなく文章をだらだらと書くのも問題ですが、訪問者に役に立つ記事作成を目指します。

長文SEOで訪問者を虜に、今すぐ実践できる18のテクニック

アクセスを増やす方法を実践するためにも長文SEOは大事で、SNSの拡散を狙うにも必要になってきます。
文字数が多いほどSEO効果はアップしますが、一言に長文SEOといっても訪問者が読みにくければ意味がないので、できるだけ伝わるように18のテクニックで解説しています。

SEO対策はコンテンツの充実がアクセスアップの鍵になる

最終的にコンテンツの充実が大事で、アクセスを増やす方法としても、素晴らしい記事を提供する必要があります。

検索エンジンは訪問者の考えを追求してるので、サイトへのアクセスを増やすためにも訪れてくれる訪問者を考えて情報提供する事は最も大事です。

 

SEO対策は奥が深いですが、最後は訪問者のためを考えてあげる事です。

そのためには多少のSEOを施し、訪れてくださった訪問者に満足してもらい、SNSの拡散を狙いアクセスを増やす事をします。

どの文章が多くのアクセスを集めるか?実際にやってみないとわかりませんがコツコツと情報発信をする事で、必ずアクセスは集まりますので、訪問者に認めてもらうためにも続ける事が必要になってきます。

(※この記事のライター:SEOライターチーム)

忙しさから抜け出せない一人社長のための
「脱・一人ブラック企業プログラム」

「お金・時間・心の余裕」を生み出す経営改善コンサルティング

最新情報をチェックしよう!
>お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

毎日働いて売上が伸びるほど、経営が大変になる…
もう不本意なハードワークのスパイラルから解放されませんか?

小規模な会社・ひとり社長が十分な利益と時間の余裕を得るためのビジネス設計、仕組み化、自動化、高収益化、等々。
「小さい規模でも余裕の会社」をテーマに、微力ながら情報を発信してまいります。

『ナノ経営』は、「心身健康で生き生きと輝き、学び・思考・挑戦・成長しながら、豊かで充実した人生を生き抜く人」で溢れる世界を目指しています。

CTR IMG