SEO内部対策で上位表示を独占!今からできる12のコツ

SEO内部対策で上位表示を独占するために、ある程度のやり方が必要になってきます。

実行すれば100%上位表示されるワケではありませんが、基本となるSEO内部対策での、上位表示はコツコツと続けるやり方が大事です。

今回、SEO内部対策で上位表示を独占!今からできる12のコツについて紹介します。

 

1.サイト名が一番SEO効果を発揮

検索エンジンからアクセスを拾うためにも、まずはサイト名にキーワードを入れます。

ライバルの強さで順位は変わってきますが、サイト名に上位表示させたいキーワードを入れる事は、トップページで1ページ目を狙うことになります。

サイト名にキーワードを入れただけでは、SEO効果は強いといえませんが、どういった情報を発信していくかを考えれば、サイト名に上位表示させたいキーワードを入れる事は必須になってきます。

 

2.トップページの文字数を多くする

これは内部対策としても需要な事で、サイト名に続きトップページに上位表示させたいキーワードを散りばめます。

検索エンジンや訪問者の事を考えても結論から先に書いてあげる事が大事で、訪問者に対してサイトに書かれてる情報を教えてあげるという事、文字数は多くて5000文字~がいいでしょう。

 

3.アンカーテキストでSEO効果をアップさせよう

これも、トッページにアンカーテキストを設置して、クローラーに好まれるサイト、アンカーテキストのキーワードでSEO効果をアップさせます。

アンカーテキストは立派な内部対策で、トップページのアンカーテキスト(内部リンク)は多くて120~あれば十分です。

この時、トップページのアンカーテキストのキーワードはサイト名と同じキーワードか?それに関連したキーワードがアクセスアップに貢献してくれます。

 

4.ページを増やしてSEO効果をアップさせよう

内部対策としてもページ数を増やす事は重要になってきます。

ライバルが少ないのであれば、1ページのみで上位表示させる事は可能ですが、テーマによっては数ページ作成しただけで上位表示させるのは難しくなってきます。

これは、トップページ同様、個別ページの文字数も多く、5000文字あれば好ましいですが文字数を増やすのが難しいのであれば、1000文字~でも大丈夫です。

 

5.個別ページは色んなワードで上位表示させよう

1ページ目にくる事はSEO効果さえ発揮されていれば、そんなに難しくありません。

ページ数を増やし、1ページに対する文字数も多くアンカーテキストがうまく使われていると、上位表示はされます。

ライバルとSEOの面で勝る必要はありますが、コツコツと続け質の良いコンテンツを訪問者に提供する事ができれば、より強力なSEO効果を発揮する事ができるでしょう。

 

6.クローラーのためにリンク設計を考える

リンクはアンカーテキストにして、クローラーに伝える必要があります。

グローバルナビゲーション、ローカルナビゲーション、関連記事、パンくずナビ、サイトマップの設置、サイトマップ送信、文章中に内部リンク(個別ページ)、これらをしてあげてクローラビリティを良くしサイト内を回遊しやすくします。

これらは内部対策で、アンカーテキストで検索エンジンに評価対象になりますが、一番は文章中に内部リンク(個別ページ)をアンカーテキストで設置してあげる事です。

 

7.ページ内の内部リンクは、SEO内部対策でも重要

ページ内に設置する内部リンクのやり方を間違えればSEO効果は低くなってしまいます。

内部リンクはアンカーテキストを大事にしてあげる事で、内部対策としても有効になり、個別ページのタイトルと同じアンカーテキストを使ってあげます。

全体で3000文字であれば1000文字ずつに1本のアンカーテキストを入れてあげ、SEO効果も発揮するやり方で検索エンジン評価を高めます。

 

8.アンカーテキストでSEO効果を発揮するために

記事タイトル「SEO対策の方法、初心者でもすぐに出来るやり方」

(テキスト1000文字)

(内部リンク 上位表示に大事なSEO対策は内部対策)

(テキスト1000文字)

(内部リンク 文字数の多さはSEO対策でも最強か?訪問者の事も考える)

(テキスト1000文字)

(内部リンク 上位表示を実現、私が実践しているアクセスアップとは?)

 

2つ目までの内部リンクに「SEO対策」を入れてますが、これは記事タイトルの「SEO対策」に対して内部リンクで、より上位表示させるための方法です。

ただ、「SEO対策」の他に「上位表示」「内部対策」「文字数」「訪問者」「アクセスアップ」これらがアンカーテキストに含まれていますので、これらのワードはクローラーが見つけてもらいやすく検索に引っかかりやすくなります。

(テキスト1000文字)は記事タイトルに対しての説明を入れますが(内部リンク)近くにアンカーテキストと同じキーワードを入れるとSEO効果がアップします。

これはアンカーテキスト近くのテキストはクローラーが重要とみなしてくれるためです。

テキスト1000文字からアンカーテキストを設置していますが、文字数に決まりはありません。

 

9.あくまでも自然な文章を心がける

文字数を多くしてアンカーテキストを使えば上位表示は可能ですが、大事なのは訪問者のための情報で、自分のための記事を書いても訪問者にみてもらうのが難しくなってきます。

内部対策でキーワードを入れる事は大事ですが、本当の目的は訪問者の役に立つ記事作成です。
(SEO対策はコンテンツの充実がアクセスアップの鍵になる)

検索エンジンから訪問者を呼び込もうと思えば、1ページ目にきている必要がありますが、タイトルに対して解決させる文章を心がけます。

インターネット利用者によって悩みは異なりますが、知らない情報を検索し悩みを解決させるために、サイトに訪れます。

その時に、文字数を多くして改行やCSS、画像等で見やすく設定していれば、訪問者は何度も訪れてくれます。

 

10.人により上位表示の目的が違う

サイトを知ってほしいのか?商品を購入してほしいのか?ECサイトであればピンポイントで特定のキーワードや色、大きさ等を付け加えて集客すればいいのですが、サイトを知ってもらいたくて、最終的なコンバーションがメルマガだった場合

多くのアクセス数を増やせばメルマガ読者になってくれます。

また、キーワードにより上位表示させる方法も簡単になりますが、SEO内部対策は基本的に同じやり方で上位表示を狙います。
(もうSEO対策に悩まない!ホームページを上位表示させる方法)

 

11.ホワイトハットを意識する

何ヶ月も、コツコツと頑張って上位表示させるホワイトでいくのか?それとも他サイトからリンクを送って順位アップを狙うブラックでいくのか?

これについては、他サイトからリンクを送る場合、サイトのSEO効果が高ければ良いのですが、やり方が難しく検索エンジンは日々進化しています。

上位表示を目指すのであれば、1サイトをコツコツと運営して、ナチュラルリンク獲得を目指したほうが断然SEO効果もあがります。

 

12.長文で訪問者に満足してもらおう

長文といいますが、文字数だけでなく画像やCSSも使い、サイト滞在時間をアップさせるなどして、素晴らしいコンテンツを作ります。

タイトルに関して、すぐに解決するような文章でなく、訪問者に対して理解してもらい、尚且つ面白い記事提供を心がけます。

詳しければ面白さはなくても良いのですが、大事なのはサイトに合わせた文章作りで、長文は訪問者の役に立つ事が求められます。
(長文SEOで訪問者を虜に、今すぐ実践できる18のテクニック)

 

上位表示で一番大事な事について

ここまでSEO内部対策で上位表示を独占!今からできる12のコツを書きましたが
一番はナチュラルリンク獲得のために必要なオリジナル文章を作成する事です。
そのためには、訪問者が知りたい情報を満載する必要があり、最低限のSEO内部対策で上位表示させる必要があります。

ライバルサイトにSEO面で勝つのは少し難しいかもしれませんが、素晴らしいコンテンツの作成を心がけましょう。

(※この記事のライター:SEOライターチーム)

忙しさから抜け出せない一人社長のための
「脱・一人ブラック企業プログラム」

「お金・時間・心の余裕」を生み出す経営改善コンサルティング

最新情報をチェックしよう!
>お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

毎日働いて売上が伸びるほど、経営が大変になる…
もう不本意なハードワークのスパイラルから解放されませんか?

小規模な会社・ひとり社長が十分な利益と時間の余裕を得るためのビジネス設計、仕組み化、自動化、高収益化、等々。
「小さい規模でも余裕の会社」をテーマに、微力ながら情報を発信してまいります。

『ナノ経営』は、「心身健康で生き生きと輝き、学び・思考・挑戦・成長しながら、豊かで充実した人生を生き抜く人」で溢れる世界を目指しています。

CTR IMG