内部リンクのアンカーテキストをクローラーに伝える意味

  • 2017年6月13日
  • 2021年6月30日
  • SEO集客

内部リンクのアンカーテキストには、どういった意味があるのか?

SEO対策を勉強しておられる方には内部リンクのアンカーテキストはアクセスアップするので、利用するのが常識と、わかっておられると思います。

 

逆に「内部リンクのアンカーテキストって何?」と、内部SEO対策になる方法を知らない方もいるはずです。

今回は、なぜ内部リンク(アンカーテキスト)を使わないといけないのか説明していきます。

クローラーに伝えるために知っておきたいポイント

まず内部リンクを使うにしても、よく見るのが

<a href=”URL”>詳しくはコチラ</a>

こうなっていた場合、クローラーはページに訪れ、そこにアンカーテキストがある、と認識しますが「詳しくはコチラ」と認識しているため

検索結果でも「詳しくはコチラ」の部分が表示されやすくなるのです。

 

アンカーテキストはSEO対策でも十分に使えますが、「詳しくはコチラ」のSEO効果をアップさせても意味がないという事です。

考え方としては内部リンクのアンカーテキストを文章中に使うときは

 

<a href=”URL”>名古屋 深夜 ラーメン</a>

 

このように何について書かれているページなのかクローラーに伝えてあげる事です。

内部リンクのアンカーテキストは訪問者もみてる

もしアンカーテキストが、どういった情報についてか、わかりにくい記載であるなら

周辺の説明を読み上げて、リンク先にはどんなページなのか、考えなければなりません。

そういったやり方は、ユーザーに対して適切ではないのと、ユーザビリティが欠けてしまいます。

 

もしアンカーテキストが設定されていると

一目でわかるのと、検索結果に内部リンクに設定したテキストが表示されるので

訪問者も、訪れやすくアクセス数もアップするのです。

 

また内部リンクはSEO内部対策でも必要な事ですが

訪問者が、わからない事があり、検索結果からあなたのページに訪れた時、他の情報が内部リンクとしてアンカーテキストが適切に設置してあると訪問者は、そのページもクリックしてくれるのです。

 

例として

<a href=”URL”>名古屋 深夜 ラーメン</a>

<a href=”URL”>名古屋駅から徒歩5分の場所、駐車場も</a>

これらのアンカーテキストで設置してあげると

訪問者にやさしく、同時に検索結果にも表示されやすくなります。

内部リンクのアンカーテキストはSEOに繋がる

クローラーは、ページに訪れ「テキストや内部リンクはあるか?」みています。

これは訪問者に伝える情報は、なんなのか?

多くのテキストや内部リンク(アンカーテキスト)が使われていると、より上位表示されやすいという事です。

 

もちろんテキストや内部リンクも、サイトのテーマとあっていないキーワードを設置するのは良くないです。

上位表示を狙うのであれば、クローラーにサイトのテーマとあったキーワードで、より詳しく説明するのが良いでしょう。

 

また、サイトを立ちあげたばかりは記事数が少なく

内部リンクを利用するのは難しいですが、5記事程書きあげたら

内部リンク(アンカーテキスト)を意識して、より多くのアクセスを得るためにも、毎回利用した方が良いです。

アンカーテキストを上手に活用するために

クローラーを呼ぶためにも、重要なアンカーテキストですが、うまく使えば

上位表示をさせたり、需要のあるキーワードでも

アクセスを拾える事ができます。

 

そのためには、検索エンジンで「どういったキーワードが検索されているか」知る必要があります。

それは、実際にGoogleで検索すると、下の方に関連する検索キーワードが出てきますので

それらをアンカーテキストとしてページに設置させると、より上位表示しやすくなります。

 

またアンカーテキストだけでは上位表示が難しく、テキスト(文字数)も多くする必要があるでしょう。

ユーザビリティー向上を狙うための方法

他ページかページ内ジャンプか?

どちらもアンカーテキストとして

クローラーに伝えて上位に表示されやすくなりますが、ページ内ジャンプの場合

ページ上部に目次として多くのリンクが設置され、目的の場所に飛ぶ事ができます。

 

<a href=”#a1”>名古屋 深夜 ラーメン</a>

<a href=”#a2”>ラーメンのメニュー</a>

<a href=”#a3”>営業時間</a>

<a href=”#a4”>深夜の時間帯</a>

<a href=”#a5”>名古屋駅から徒歩5分の場所、駐車場も</a>

 

ページ内ジャンプをして、さらに文章途中でもアンカーテキストを意識してあげたほうが

よりクローラーに伝えやすく、上位表示やアンカーテキスト部分の「テキスト」が検索エンジンに拾われやすくなります。

内部リンクのアンカーテキストは必ず利用するべき

多くの訪問者を呼び込むのなら、必ず利用するようにしましょう。

特定のワードで上位表示されれば、1日のアクセス数が変わるのと、それによりサービスが売れやすくなります。

特に、「名古屋 ラーメン」や「名古屋駅 ラーメン朝まで」といったキーワードでのアンカーテキストは、目的がハッキリとしてるので

無駄なく集客する事ができます。

 

これらは、ライバルの関係で上位表示のされやすさは変わりますが

クローラーに伝えれば、訪問者にもわかりやすく伝わるので、その意味を理解しながら

どのキーワードで対策するか?考えます。

リンク設定で集客に対する考え方について

アクセス数だけを集めるなら、記事タイトルに関連したアンカーテキストを意識してあげる

商品(サービス)を売りたいなら需要のキーワードでアンカーテキストを意識する

そのサイトにより使い分けが大事ですが

アンカーテキストで、狙って必ず上位表示されるワケでもないので

より多くのアクセスを集め露出をする意味でも
商品(サービス)の購入には、直接結びつかなくても、自社サイトを知ってもらう必要があります。

もちろんトップページに5000文字~記載されてるだけで、下の方にアクションを起こさせる設計なら、1ページのみで勝負となりますが

そうでない場合、文章中に適切な内部リンクを設置するのがいいでしょう。

クローラーも内部リンクを好んでいる

内部リンクはパンくずナビやフッター、グローバルナビゲーション、ローカルナビゲーション

、関連記事、サイトマップ等があります。

これらを設定したり、文章中内部リンクを設定する事は「訪問者のために多くの内部リンクがあるから」、上位に表示させやすくなり

多くのページで意識すればクローラビリティが良くなりクローラーがページに対して訪れやすくなるので

 

検索エンジンにガンガンにヒットさせるには

やはりクローラビリティも意識する必要があるでしょう。

価値のある内部リンクを提供する

訪問者がページに訪れるけど
ページタイトルとは、あまり関係のない内部リンクが設置されていた場合

クリックされる事はありません。

 

サイトテーマにより、アンカーテキストは変わりますが
ダイエットの体験談であれば

1か月分を記事タイトルに書くとして1週間毎の内部リンクで紹介しておくと
「1週間で体重はどこまで落ちるんだろう」と訪問者が気になりクリックしてくれます。

 

大事なのは、文章中にアンカーテキストを設置してあげて
クローラーに伝えるけど、同時に訪問者もクリックしてくれるのか?

やはりリンクを設置するならページビューを増やしたり、詳しい情報があるから、また訪れよう。

そう思ってもらえるのが大事です。

 

アンカーテキストを、ページタイトルと関連させたり

同じキーワードで設置させるのは、検索順位アップや、今まで拾われなかったキーワードで訪問者を呼ぶのに適しています。

 

アンカーテキストも、SEO対策で効果はあるので有効的に利用して、クローラーに伝え

たくさんの訪問者にサイトに訪れてもらえるよう対策を行っていきましょう。

(※この記事のライター:SEOライターチーム)

忙しさから抜け出せない一人社長のための
「脱・一人ブラック企業プログラム」

「お金・時間・心の余裕」を生み出す経営改善コンサルティング

最新情報をチェックしよう!
>お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

毎日働いて売上が伸びるほど、経営が大変になる…
もう不本意なハードワークのスパイラルから解放されませんか?

小規模な会社・ひとり社長が十分な利益と時間の余裕を得るためのビジネス設計、仕組み化、自動化、高収益化、等々。
「小さい規模でも余裕の会社」をテーマに、微力ながら情報を発信してまいります。

『ナノ経営』は、「心身健康で生き生きと輝き、学び・思考・挑戦・成長しながら、豊かで充実した人生を生き抜く人」で溢れる世界を目指しています。

CTR IMG