キーワード選定を行えばライバルが一気に減る理由

  • 2017年6月17日
  • 2021年6月30日
  • SEO集客

今回はキーワード選定でライバルが減る理由について説明いたします。

キーワード選定って聞いた事はあるけど、イマイチ何をすればいいのかわからない。

わかっても、キーワード選定のありがたみがイマイチで
SEO対策さえ、知っていれば
何ヶ月も、毎日記事作成して、特定のワードで上位を狙うことができる。

たしかにビッグワードでもワードプレスを使いそれなりにSEO対策さえ、すれば徐々に商品が売れる事もあります。

これはパワーサイトを作って、多くのアクセスを得るのか?

それともキーワード選定でライバルが少ないとこで上位表示を目指すのか?になります。

ここでキーワード選定について考えたいのが
需要があるのか?実際に検索されてるのかです。
では、実際に調べる方法として
グーグルキーワードプランナーがあります。

キーワード選定は、主にグーグルキーワードプランナーで探す事が多いのですが

このグーグルキーワードプランナーは競合が「低」「中」「高」で表示されるので
なるべく低を狙い検索ボリュームの多い、2単語のキーワードで上位表示を狙います。

競合が低く、さらに検索ボリュームがあるのなら、他の企業も目をつけてない、あまり参入していなく
比較的上位表示されやすいキーワードになるのです。

ここでキーワードプランナーの競合性は、アドワーズ広告がどれだけ参入してるか?という事になりますが
実際にはアドワーズ広告の参入が多いとアフィリエイターの方達もSEOをうまく施しながら上位を狙ってくる場合が多いという事になります。

そういった何年も前から続けているアフィリエイターの方達に
これから参入するのは、あまりにも上位表示させるのに時間がかかってしまいます。
ましてや、ライバルサイトはSEOを知り尽くしているので、よほどSEOの知識
どうすれば上位表示させるのか詳しくないとライバルサイトの順位に勝つことは困難になるでしょう。

そのために、キーワード選定を行い、まだライバルが狙っていない参入していない市場を狙います。

キーワード選定は新しい事業に適している

今まで勤めていたけど、新規事業で何かを始めたい、自分の力で稼ぎたい場合
世の中には、どういった事を始めていくのがいいのか?実際にGoogleで検索されてるキーワードから調べ上げ、それに対してどれほどのライバルや検索回数をキーワードプランナーで調べます。
もしライバルが多ければ、お客様の問い合わせやサービスが売れるまでに、時間がかかるので
できるだけライバルの少ない需要のあるキーワードを探します。

つまり、これから事業を始めて、できるだけ短い期間でお客様からの問い合わせやサービスを売れるかは最初で変わってくるのです。

世の中で必要な事は、みんなやっている

それほどライバルが多いという事ですが
ネットでは、もちろん地域でもサービスを始めてる方は多いです。
わかりやすくいうと、生活に必要な「保険」に関する事だったり、副業である「FX」や「アフィリエイト」
こういった昔から、聞く言葉に対してはライバルが多いので
キーワード選定をしないでも、ライバルが多いのではないか?と予想はできますが

あまり聞かない言葉は、まだ多くの人も知ってないと考えてもいいので
そこから検索回数で、需要を確認し、ライバルが少なければ参入の余地はあるでしょう。

キーワード選定は収入の8割を決める

この言葉があるように、最初にキーワード選定で、どれだけライバルのいない市場を見つける事ができるか?

どれだけ少ない労力で売り上げをアップさせる事ができるか?

パソコンやスマートフォンで訪問者が○○を検索し、わからないを解決させたり「運転 代行 地名」でインターネットから業者にお願いするので
いかにして、ライバルがやっていない事業で、お客様に提供させる事ができるか考えます。

1人では、どうしてもできない事

最初のキーワード選定でライバルのいないサイトを作れたとしても、お客様からの問い合わせや提供する事を1人では時間も足りなく困難な場合がありますが
それについてはクラウドワークスやランサーズで外注を雇うことです。

他にもジモティーやミクシィもあるので、そちらで外注やアルバイトを雇うことを考えてもいいでしょう。

特にクラウドワークスやランサーズでは、お金のやりとりもサイトを通すので
何かしらのトラブルがあるとサイト側が対応してくれるメリットもあります。

できるだけ少ない資金で外注を雇えるので、オススメです。

少ない資金で、お金のサイクルを考える

キーワード選定さえすれば比較的上位に表示されやすく、サイトを立ちあげて一週間以内に、お客様からの問い合わせがあります。

問題は、そこから対応できるのか?お金の流れを作れるのか?という事になりますが

そのためにも外注は必要で
流れとしては、お客様から問い合わせがあると外注を雇って見積もり等を考え、振り込んでもらうと外注に手伝ってもらう。

またキーワード選定での始める事業により
実際にペイパルか、クレジットカードでの支払いか変わってきますが
赤字にさえならなければSEOを施して、お客様からの問い合わせに対応していくのがいいでしょう。

検索エンジン上位表示としては内部リンクのアンカーテキストをクローラーに伝える意味ロングテールSEOをプラスアルファで効率的にアクセスを得るを参考にすれば、多くのアクセス数を獲得する事ができます。

まずは多少のSEO対策を施す

キーワード選定が成功していれば作りこむのはトップページと個別ページで
お客様からの問い合わせがあります。

 

大事なのは検索エンジンで上位表示される事ですが

トップページだけでも特定のワードで上位表示されるので
まずはトップページの作りこみをしてみる事です。

文字数も2000~あれば十分ですが
納得のいくコンテンツを作りたい場合

5000文字での施しがいいでしょう。

特定のワードで1ページ目にきていなくても
一週間以内に問い合わせがくる事がありますので

その時はキーワード選定に成功したと思い

テーマに関連する記事数を増やします。

キーワード選定は、グーグルキーワードプランナーから競合をみて、検索回数
または、実際に検索し上位にはどんなサイトがきているのか調べる必要がありますが

最初に成功していれば、後は比較的楽に、お客様を自社サイトに呼び込む事ができるでしょう。

後は関連ワードで訪問者を呼び込む

先程の「運転 代行 地名」が大阪なら

 

対応地域で記事作成していくのがいいですし、運転 代行の料金について詳しく書いて

訪問者を多く呼び込む事も可能です。

 

重要なのは、ページタイトルに対してSEO対策を施していくか?
これについてはキーワード選定をしても、SEO対策が施されてないなら、うまく上位に表示させるのが難しく

運転 代行 大阪が、サイトタイトルなら
トップページに「運転」「代行」「大阪」のキーワードを適度に入れておけばいいでしょう。

キーワード選定は、SEO対策でも重要

ライバルが少ないとこにお店をだすのか?ライバルが多い場所でお店をだすのか?の違いで
どうせならライバルが少ないとこでお店をだしたほうがお客様も、サイトに訪れてくれるという事になります。

また、最初はアクセスがあって問い合わせがあるのかを調べるため
デザイン等は、気にしなくても大丈夫です。

多くのサイトがあり自社サイトが差別化されてないようでしたら、デザインで差別化を図ったりが必要ですが

キーワード選定でライバルが少ないテーマを選べたら
多少、デザインは気にしなくても問い合わせはきます。

最初は難しいかもしれませんがライバルがいないキーワードの探し方に慣れると、キーワード選定も、それほど難しく感じなくなります。
やり方がわからなかった方は、是非参考にしてみてください。

(※この記事のライター:SEOライターチーム)

忙しさから抜け出せない一人社長のための
「脱・一人ブラック企業プログラム」

「お金・時間・心の余裕」を生み出す経営改善コンサルティング

最新情報をチェックしよう!
>お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

毎日働いて売上が伸びるほど、経営が大変になる…
もう不本意なハードワークのスパイラルから解放されませんか?

小規模な会社・ひとり社長が十分な利益と時間の余裕を得るためのビジネス設計、仕組み化、自動化、高収益化、等々。
「小さい規模でも余裕の会社」をテーマに、微力ながら情報を発信してまいります。

『ナノ経営』は、「心身健康で生き生きと輝き、学び・思考・挑戦・成長しながら、豊かで充実した人生を生き抜く人」で溢れる世界を目指しています。

CTR IMG