質の良いアクセスを集めるなら必ず知っておきたい事

  • 2017年6月21日
  • 2021年6月30日
  • SEO集客

SEO対策を施すなら質の良いアクセスを多く集め、たくさんの訪問者にサイトの存在を知ってもらいたいです。

質の良いアクセスとは例えば検索エンジンから、「ダイエット 運動」のキーワードで集客する事はもちろんですが、それに関連するキーワード「痩せる」、「ウォーキング」、「筋トレ」、「方法」等を適度にいれ、運動してダイエットしようと思ってる方をサイトに呼び込むなどの対策が必要になってきます。

質の良いアクセスを拾うために

最初にする事は訪問者に役立つ情報を提供しなければなりません。

パソコンやスマートフォンから訪問者が「ダイエットについてわからないから検索しよう」と、検索します。

この時、上位表示されているのは、訪問者の事を考えられたダイエットに関して役立つ情報が多く書かれているサイトです。

質の良いアクセスはGoogleやYAHOOの検索エンジンからのアクセスで、一般的にダイエットのキーワードに対して「太もも」、「簡単」、「40代」、「酵素」こられを付け加えて集客できるかです。

また、SEO対策を施し訪問者を増やす事は簡単ですが、大事なのはサイト運営者側が、いかにしてユーザー目線でページを作り上げたか?これに限ります。

質の良いアクセスを集めようと、ただキーワードを入れるだけでも狙ったワードでGogleやYAHOOから訪問者は増えますが、そこに用意されている文章が読みにくく、理解ができない、検索エンジン向きに作られた内容の薄いサイトの場合

訪問者は、すぐにページを閉じて、他のサイトに訪れるでしょう。

本来はSEOのやり方で決まる

上位表示させて質の良いアクセスを得るためにも、必要なSEO対策ですが
訪問者に有益な情報を提供して質の良いアクセスを得るのを目的とします。

訪問者目線という事では以下が参考になります。
SEO対策はコンテンツの充実がアクセスアップの鍵になる

上位表示にはSEOは必要な事ですが、SEO対策では、訪問者の悩みを解決する事にはならないという事です。

また質の良いアクセスを狙うばかりにページ内に無意味なキーワードを設置させても訪問者の求めている情報にはならず、サイト滞在時間が減り直帰率が増えてしまいます。

質の良いアクセスにするにも、サイト滞在時間を増やし直帰率を減らす、ページビューを増やす必要があるのです。

タイトルに対する説明が重要

これはユーザビリティを向上させるためにも必要です。

ページタイトルに「ダイエット 運動」のキーワードが入っている場合

「ダイエット」「 運動」は検索エンジンが重要とみなしている部分で

それに対しての説明であれば文章に、「ダイエット」「 運動」が入り、それに関連したワードも必ず入ります。

また、質の良いアクセスを得るには、わかりやすさが重要です。
わかりにくい文章より、わかりやすさを重視する場合、文字数が多くなりますが、その分ページタイトルのキーワードが適度に散りばめられたり、色んなワードで上位表示されやすいメリットがあります。

ページタイトルにも気をつけたい事

ページタイトルにはSEO効果があり、質の良いアクセスを得るためにも十分関わってきますが

ページタイトル(訪問者から一番みられる部分)は、どういったタイトルにすればいいのか?

訪問者はわからない事があり検索してサイトに訪れる時に、ページタイトルや文章に、どういった内容かを、ある程度読んでサイトに訪れます。

一番みているのはページタイトルで、いかにして訪問者にとってメリットのあるページタイトルにできるか?

「必見!食事制限でダイエットを実践しよう無理なく痩せたい方に」

「確実に痩せるダイエット!明日から実践できる10の方法」

こういった必見や数字を入れる事は訪問者がほしい情報が、そこにあると思ってもらえるためクリック数も変わってきます。

そしてページタイトルに対する中身も間違いなく重要で
訪問者の期待通りの記事さえ書ければ、サイトで紹介してもらえる確立も増え、サイト全体にSEO効果がでたりページ単体でも上位に上がってくるでしょう。

検索エンジンからのアクセスが増えると、それだけで質の良いアクセス獲得に繋がります。

画像(イメージ)で質をアップさせよう

文字ばかりのサイトより画像を使い、より訪問者に理解を深めてもらいます。

本来であれば質の良いアクセスはSEO対策の施し、テキストや内部リンクで1位を獲得する事ができます。

特にアンカーテキストは、SEO効果を高める事としても重要です。
内部リンクのアンカーテキストをクローラーに伝える意味

もちろん、内容が良ければ多くの人に読まれます。

しかし画像を利用する事で文字だけでは伝える事ができない訪問者に対してのイメージを伝える事ができるのです。

また使う画像にも注意が必要で、ダイエットの食事メニューなら実際に作る順番を画像でわかりやすくテキストを入れたりした方がSNSで拡散されたり、それを見た方がサイトで紹介してくれたりナチュラルリンク獲得の可能性がありますので、後々質の良いアクセスを拾いやすくなるでしょう。

サイトは何カラムが良いのか?

サイトを運営してると、ついつい悩んでしまうのがカラム数は、どうするのか?です。

左サイドバーにして意識的に、みてほしいものがあるのか、右サイドバーで文章を読んでほしいのか、もしくは1カラムで文章に集中してほしいのか?

これはサイトデザインとの相性や、うまく利用しないと直帰率がアップしてしまいますので注意が必要になります。

ただ、訪問者に、作り上げたコンテンツに集中してもらいたい場合、1カラムにするのもいいかもしれません。

1カラムでも、伝える情報を多くして色々なキーワードで質の良いアクセスアップのロングテール等も狙う必要があります。

このロングテールは1カラムに限らず質の良いアクセスを拾うためには必要な事で
有益な情報を発信すれば必然的に文字数も増えロングテールを狙えるという事です。

ロングテールは検索エンジンからのアクセスを集める方法としても有効なので以下を参考に。
ロングテールSEOをプラスアルファで効率的にアクセスを得る

わかりやすく伝えるための記事作成

質の良いアクセスを拾うためにも訪問者にとってわかりやすい記事を提供します。
作成する記事は自分目線か訪問者目線の違いか?

良質な記事提供する事を考えると、間違いなく訪問者目線です。

アクセスアップは、わかりやすいを心がけ、検索エンジンと訪問者が好むサイトを作らなければいけません。

それをするためには、提供する事に対して、より詳しく教える必要があるのです。
また、SEO対策でアクセスアップのために、専門用語ばかりを並べるより
多少の専門用語を交えて説明も心がけるといった内容を訪問者は好みます。

こういった訪問者目線でサイトを作る事は、検索エンジンも望んでいて、さらなる質の良いアクセスになるでしょう。

また、わかりやすくを心がけるには文章途中で他ページを紹介する内部リンク(アンカーテキスト)や見出し等も考慮してあげる必要があります。

1ページを作り上げるのに、時間はかかりますが、その分訪問者に有益な情報を提供できるので
時間をかけて質の良いアクセスを得れば、上位表示され安定的なアクセスアップが望めるでしょう。

(※この記事のライター:SEOライターチーム)

忙しさから抜け出せない一人社長のための
「脱・一人ブラック企業プログラム」

「お金・時間・心の余裕」を生み出す経営改善コンサルティング

最新情報をチェックしよう!
>お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

お金の余裕・時間の余裕・心の余裕を手に入れる。

毎日働いて売上が伸びるほど、経営が大変になる…
もう不本意なハードワークのスパイラルから解放されませんか?

小規模な会社・ひとり社長が十分な利益と時間の余裕を得るためのビジネス設計、仕組み化、自動化、高収益化、等々。
「小さい規模でも余裕の会社」をテーマに、微力ながら情報を発信してまいります。

『ナノ経営』は、「心身健康で生き生きと輝き、学び・思考・挑戦・成長しながら、豊かで充実した人生を生き抜く人」で溢れる世界を目指しています。

CTR IMG